フリーターがお金が必要なとき

不況の時代に就職できなかったり、会社をリストラされたりなどで、フリーターで生活している人はたくさんいますが、正社員のように収入が多いわけではないので、ときには生活に困るぐらい、お金が足りなくなることもあるかも知れませんね。

親と同居しているのであれば、お金を借りるなどで助けてもらうことも出来ますが、親元から遠く離れたアパートで一人暮らしをしているような人の場合は難しいでしょう。

お金が必要だけど、どこから調達していいのかわからないとき、フリーターが頼れるところといえば消費者金融や銀行などのローン会社しかないので、いざというときは利用するようにしてください。

利用方法は非常に簡単で、お近くのローン会社の店舗に行き、運転免許証や健康保険証などの身分証明書を出して、窓口で申し込むだけです。

お近くに店舗がない場合でも、わざわざ交通費を使って出かける必要はありません。

なぜなら今は大抵の会社が来店不要で利用できるので、携帯電話やパソコンを使って申し込みが出来るからです。

どの方法を使うのも自由ですが、インターネット申し込みなら、24時間365日いつでも受け付けているので、いざ申し込もうと思って時計を見て、営業時間が過ぎていたとしても、気にすることなく利用できるのが嬉しいですね。

申し込みを行うと、ローン会社はすぐに審査を始めるので、スピーディーな会社なら30分程度で結果を教えてくれるはずです。

そこで合格していれば、指定した口座にお金を振り込んでくれるので、申し込んだ時間帯によっては、その日のうちにお金を手に入れることが出来ます。

5万円程度であれば、それほど利息が付かないので、次の給料日にまとめて返済できるでしょうし、低金利のローン会社を利用していれば、たったこれだけかと思うぐらいに少しの利息で済むので、また何度でも利用したいという気になるでしょう。

ただし一日でも返済期日を過ぎると、延滞利息金が加算されますから、それだけは気を付けるようにしたいですね。

消費者金融の便利な使い方について

お金はいつ何時必要になるかわかりません。家族から急に10万程必要になったと言われて、すぐに準備できますか。

口座に10万円の大金が入っていて、すぐに引き出せるなら問題ありません。
しかし、手元に10万円がなくて、どうしても必要だと言われたら、どうしますか。

そんな時に役立つのが、消費者金融のキャッシングです。消費者金融にあまり良いイメージをお持ちでない人も多いでしょう。

しかし、最近の消費者金融は様変わりしています。明るいイメージの宣伝やCMでご覧になった人も多いでしょう。

多くの人に門戸を開いているのが今の消費者金融です。広く門戸を開いているからといって、誰彼構わずお金を貸しているわけではありません。

きちんと審査してお金を貸しています。審査基準が厳しくなり、働いていない主婦やフリーターは残念ながらお金が借りられません。

逆にアルバイトやパート主婦ならお金を借りられるのでご安心ください。

即日でお金が借りられるのがキャッシングです。必要書類さえあれば即日でお金が準備できるので、とても便利です。

初めてでもスマホやパソコンから申し込みができて、しかも、指定の口座に振り込んでもらえます。
キャッシングは私たちにとって強い味方と言っていいでしょう。

アルバイトも長く働いていれば簡単に融資は受けられます

現在フリーターの人で急にお金が必要になった場合、消費者金融から借入を考える人もいると思いますが、現在のカードローン事情からいうと簡単に借りることが出来ると言えます。
ただし、少なくとも3ヶ月、出来れば半年以上の在籍期間が欲しいです。
やはり、フリーターは何かと不利になるので、アルバイトといえどもひとつの所で長く働くことが重要なのです。
年収に関しては、一般的に200万円以上と言われますが、あまり重要視されないようです。
総量規制の導入後、全体の貸出総額が年収の3分の1となったので、低年収の人でも安定収入があれば、限度額は低くなりますが融資は受けられるようになりました。
これは同じく年収の低いパート主婦にも言えることです。とにかく年収よりも毎月の収入の方が重要度が高くなるので、短期のアルバイトを色々するより一箇所に長く務めたほうが断然有利です。
出来ることなら金利が低くてお得なので銀行カードローンで借りたいところですが、銀行カードローンはフリーターには厳しいです。
ただし楽天銀行やセブン銀行等の比較的新しく出来た銀行は、審査が甘い傾向にあるので、フリーターでも借りられる確率はかなり高いと言えます。
どちらにしても、いざという時のために普段からアルバイトは継続して勤務することを心がけると良いでしょう。