キャッシングをする時の不安を少なくする作戦

まず、信用性の高いところを探す。

銀行系なら大手の三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行など社会的に有名なところのカードローンが消費者金融より、金利はあまり変わらず返済計画をちゃんとたてれば、安心かと思われます。

借りるためだけではなく、契約だけしておいて万が一の時に頼りになるかと思います。

返済額も借りた額により、毎月1回引き落とし、または、振り込みで返済するので、クレジットカードのリボ払いと思えば少しは気が楽になるのではないか。

調子に乗って借りすぎなければ、返済できなくなる、可能性は押さえられると思われる。

買い物目的なら、大きなものなら、ローンもありますし、20万以上の買い物などなら、クレジットカードで充分な気がしますが個人の考え方にもよるので、比較したり、ちゃんと考えてお金の使い道を考えれば大丈夫かと思います。

ちなみに消費者金融は借りられる額は、銀行より多いが、毎月の利子が高いため、返済に時間がかかる可能性も出てくるし、返してもあまり減った気がしないと思われるため、プレッシャーに弱い方は手堅く銀行系をオススメします。よっぽどのことがない限り、私は銀行系のキャッシング、カードローン、クレジットカードのキャッシングをオススメ致します。

三井住友銀行のカードローンを簡潔に契約する方法

大手銀行のカードローンは他の金融機関のカードローンと比べて、利用の際の安心感がありますし、金利面でも他の金融機関の商品よりも好条件となっていることが多いので、多くの人が好んで利用するカードローンだと言えます。

特に三井住友銀行のカードローンは、利用限度額は最高で800万円と高額ですし、金利面でも年4.0%?14.5%と消費者金融のカードローンと比べるとかなりの好条件となっているので、年齢や性別に関係なく多くの人におすすめできる内容の商品となっています。

三井住友銀行のカードローンは、これだけの好条件を揃えながら、一定の条件を満たしていれば消費者金融のカードローンよりも簡潔な契約ができるので、カードローンを利用したいと考えたのならば、是非とも簡潔な方法でこの銀行のカードローンの申込をしてみてください。

簡潔な契約をするための条件とは、三井住友銀行の預金口座とインターネットバンキングの契約を予めしておいて、インターネットバンキングで申込をすること。そして利用限度額を300万円までとして申し込みをすることとなります。

この2つの条件を満たして申し込みをすれば、なんと提出書類は一切無しで来店不要で契約ができるのです。

キャッシングを申し込むならポイントサイト

皆さんはキャッシングをする場合

どこから申し込むでしょうか。

消費者金融のホームページからでしょうか。

それとも無人契約機からでしょうか。

あまり知られていませんが、実はもっとお得に申し込む方法があります。

これからその方法をお教えいたします。

といっても別に難しい何かをする必要はありません。

ポイントサイトから消費者金融にキャッシングを申し込めばよいのです。

ポイントサイトから申し込みなんて出来るのかと思われる方も

おられるでしょうが、実は出来ます。

正確に言えば、ポイントサイトからキャッシングを申し込むのではなく、

ポイントサイトから消費者金融のホームページにアクセスして申し込みをするのです。

そうすることによって、(どこのポイントサイトからどの消費者金融に申し込んだかにもよりますが)

契約が成立した場合5000円から1万円前後のキャッシュバックを受けることが出来ます。

お金を借りることでお金がもらえると言うのも不思議な話なのですが、これは事実です。

もちろんお金を借りないと、(つまり申し込みをしただけでは)キャッシュバックを受ける事が出来ませんが、

それでもお金を借りるついでにお金をもらえるのは大きいです。

ポイントサイトで申し込みをする事で得られるのは現金ではなくポイントですが、

手続きをすれば速やかに現金に変える事が出来ますので何の問題もありません。

皆さんもキャッシングに申し込みをするのなら、

ポイントサイトから申し込みをしてお得に借りたほうがよいでしょう。

他社との合計額が限度額になる

キャッシングで借りる事ができる金額には、限度はあります。無制限の金額で借りれる訳ではありませんので、注意が必要です。いわゆる利用限度額になります。

ところでその限界金額は、既に借りている金額のトータルに左右される一面があるのです。他の会社にてお金を借りているとなると、金額が低くなるケースも見られます。

例えば現在の年間の所得は、200万円だとします。それである会社で申し込みをした時は、最大60万まで借りれるケースが目立ちます。日本には総量規制というルールがあるので、最大値は30パーセントに限定されているからです。

ところが人によっては、その金融会社で申し込みをしている時に、すぐに別の会社で借りているのです。仮にその金額が10万円だとします。その場合は、上記の金融会社にて借りる事ができる金額は、50万円に限定される事になるのです。つまり限度額は、50万円という事になります。

このようにキャッシングで借りる事ができる金額は、他の会社とのトータルの数値によって算出される訳ですね。金融業界には、いわゆる情報共有のシステムがあります。他の金融会社との情報が共有できるので、上記のようなシステムが実現できる訳です。

消費者金融の審査はゆるいです。

消費者金融の審査は、比較的緩いです。

個人情報の乗っている確認書があればよく運転免許所、保険書、学生書、今ではマイナンバーでもよくなるので借りやすくなることです。

無職の人は難しいかもしれませんが、学生でもバイトの収入で消費者金融の審査が通りますので少し借りたい人などは考えてみるとよいですね。

年金受給者でも借りることができます、やはり一定の収入があることだ最低条件だと思います、金額が多いか少ないのかではなく収入があるかないかが審査の分かれ目ですのですね。

このように消費者金融の審査は、比較的受かりやすいのが特徴です、でもやはり身の丈に合った金額を借りるのが無難です、そうしないと返済の金額が増えすぎてしまい腹へなくなる恐れが出てきますので多く借りるのはよくないですね。

いくら審査が受かりやすいと言え多くの金融会社のカードを作るのはよくないですね、なぜならばあちこち借りるとわからなくなってしまい支払いが困難になってしまう恐れが出てきますのでいくら審査が受かりやすいと言えあちこちのカードを持つのはよくないです。

このように審査が受かりカードを作りそしてお金を借りるのはよいですが計画的に借りるようにしておく方が無難だと思います。

キャッシングをする際は返済計画が重要です

手元にお金が無くても、出費をしなければならない事はあります。

そのような時には、家族や周囲の友人に借りたりという方法もあります。

しかし、周囲の人にも都合はありますので、時期的に借りれなかったり相手側のお金の持ち合わせがない事も多々あります。

そのような時には、キャッシングなどの業者を使う事も一つの選択肢となります。

特に、お金がない時に借り入れをするため返済の計画はとても重要です。

簡単に考えて、借り入れをしてしまうと思ったよりも利息が高かったという事や、月々の返済金額が高すぎて返済に支障がでてしまうという事も予想されます。

そのような事にならない為には、日々の節制は欠かせませんがそれ以前に、借り入れをする金額を最低限にする事です。

キャッシングなどに借り入れをする時には、2回3回と借り入れする事が面倒の為、1度に余裕を持って借り入れをする人もいます。

しかし、余裕を持って借り入れれば、その分の利息や月々の返済金額も高くなります。

そして、毎月の生活にしわ寄せが来てしまいますので、借り入れをする際は必要最低限の金額のみを借りるのが望ましいです。

また、返済の期限についても早く返済してしまいたいと思い、背伸びをして返済期限を短くする傾向がありますが、自分の収入と最低限の支出を考えて返済期限を決める必要があります。

キャッシングの申し込みは電話からも行える

キャッシングの申し込みは、今はネットから行う例が非常に多くなり、来店して申し込むケースとネットから申し込みケースでかなり割合を占めていると思います。

ただ、ネットに詳しくなかったり、できれば来店するところを見られたくないという人もいるでしょう。そういった方は電話から申し込むという方法があります。電話を使えないという方はまずいないと思いますから、これがあればとりあえずOKです。

契約書類の問題などもあるので、ちょっとは来店をしないといけないかと思われますが、電話で審査までが済んでしまえば、来店しないといけない回数や時間はかなり削減されると思います。ネットが使えなくても問題ないので、昔ながらの電話を使うという方法もあるということは知っておきましょう。

キャッシングの審査では子供の有無や人数も重要

キャッシングにおいて、いろいろな属性に関する情報が審査にかかわってきます。年収や勤続年数などのよくある要素もそうですけど、既婚か?未婚か?というのも大きいですね。

結婚している人は独身の人よりも審査にでは優遇されることが多いです。ただ、結婚をしていても子供がいるか?いないか?ではまた違ってきます。会社によるところもあるのですが、どちらかというと子供がいない方が審査に通りやすいかもしれません。それはどうしてか?というと、子供がいる家庭は、それだけ教育にかかるお金が発生するためです。

借り入れ金額にもよりますし、年収にもよりますが、子供がいる家庭はそれだけいない家庭と比べても出費が多くかかるということを意味するため、どうしても審査のときにそこが影響してしまうことはあります。そして、当然子供の人数が多ければ多いほど、それだけお金は多くかかるわけですね。さらに細かく見ると、学校が公立か?私立か?というのでも違いますし、通っている学校は小学校か、大学か?とかでもやっぱりかかるお金は変わってきますよね。

子供がいるというのは、キャッシングの審査においてはかなり大きな意味を持つと思った方が良いでしょう。子供がいてキャッシングを利用される方もたくさんいるので、そんなに気にすることでもないかもしれません。借り入れ金額と年収、そして子供にかかっている金額などを考慮して問題ないと判断されれば、審査に通りますからね。

自動契約機の設置場所が分からない時は

キャッシングの利用では、自動契約機を活用することで手軽に契約を結んでその場で借り入れ用のカードを手に入れる事ができます。カードがあればすぐにでもATMからの借り入れが可能になるので、今すぐ現金で融資を受けたい方には大変お勧めです。

しかし、キャッシング会社の自動契約機を利用する為には、まずは自動契約機が設置されている場所まで行かなくてはなりません。もともと契約機の設置場所を知っているなら問題ありませんが、どこに設置されているか知らない場合は、設置場所を探すところから始める必要があります。

最近のキャッシング会社では、ホームページから自動契約機の設置場所が調べられるようになっていることが多いです。お住まいの地域から設置場所を調べることができ、地図で場所の確認も可能なので、迷うこともないでしょう。自動契約機の営業時間も明記されているのが一般的なので、今から契約機に行ってすぐに使えるかどうかも分かります。

キャッシング会社によって自動契約機の設置台数には違いがあります。大手のキャッシング会社なら1000台以上の自動契約機が設置されているので、自宅の近くにも設置場所が存在している可能性は高いです。

キャッシングの自動契約機は、普段意識していないとなかなか存在そのものに気付けない場合もあるでしょう。いざキャッシングの利用が必要になった際、すぐに現金で借りる為には自動契約機の利用がとても効果的です。その時に自動契約機の設置場所が分からなくても、インターネットで簡単に調べることができるので非常に安心です。

少額のキャッシングならアイフル

私は少額のお金が必要となった時にはアイフルからキャッシングを受けるようにしています。というのも、アイフルは1000円からキャッシングを受けることができるため、ちょっとした飲み会に誘われた時などに活躍してくれるからです。

アイフルは審査自体も通りやすく、フリーターの私でも定期的な収入があることから無事に審査を通ることが出来ました。申し込みに関してもWEBから簡単に手続きを済ませることが出来ますし、時間帯がよければ即日で審査結果を知ることが出来ます。

お金が必要となった緊急時にすぐに融資を受けられるというのは素晴らしいことだと思います。ただし、個人的に残念に感じたのは返済方法の大半に手数料がかかってしまうということです。提携ATMはもちろんのこと、振込でも手数料が発生してしまうため、返済できるお金が手元に入ったからといって手数料無しに返済することはできません。

手数料がかからない方法としては口座振替や専用ATMから返済することになりますが、専用ATMについては人目も気になりますし、数自体が少ないので決して利用しやすいものではありません。

他社では、スマホとオンラインバンキングを利用して手間をかけずに返済するという方法が確立しているなかで、このような限られた方法しか選べないというのは少し遅れているような気もします。ただし、女性専用ダイヤルや女性のための商品を用意し、主婦やOLの方がキャッシングしやすい環境となっているのは女性利用者からの評価も高いと思われます。