銀行ローンの特徴

銀行ローンというと、メガバンクや地方銀行等が提供するカードローンになります。
一般的には消費者金融と異なる点としては、総量規制の対象外であること、限度額が高く、金利が低く、審査に多少時間がかかると言われてはいます。
しかしながら、それは個人のクレジットヒストリーや年収等の状況で異なりますが、万人に共通するメリットを2点ご紹介します。
まず、一つ目はカードです。銀行が発行するものですので、一見通常のキャッシュカードと見分けがつきません。
そして、銀行からローンをするのと、消費者金融でローンをすることでは本質的には違いはありませんが、心情的には銀行から借り入れする方が響きは良いです。
2点目はATMです。他のお客さんと同様に利用できますので、ATM利用のハードルがとても低いです。

銀行ローンの特徴としてあること

銀行からのローンは目的ローンがメインになっているでしょうが、銀行ローンでカードローンも相当に増えています。銀行でもそうした個人に対する信用貸しも物凄く増えています。銀行系のカードローンの特徴としてあるのが、総量規制が引っかからないことです。この総量規制とは業者側に対する規制であり、年収の三分の一までしか貸してはいけない、というものであり、これが貸金業法に入っています。つまりは、銀行は銀行法が適用されることになりますから、これの適用外となっているのです。また、これも銀行によって違うともいえるのですが傾向としては銀行系のほうが金利が安いことが多いです。

そうした意味ではキャッシングのような形でお金を借りるのであればできれば銀行系のカードローンにしたほうがよいでしょう。カードローンにはまずは審査がある点においてキャッシングとはほぼ同じになります。ですが、返済が分割でよいとか融資可能の限度額がはっきりとしている、ということがあります。かなりキャッシングとの境が薄くなっていることは確かですが、銀行のカードローンは金利が低め、銀行なので安心できる、といった特徴がありますから人気になっているわけです。