専業主婦が消費者金融を利用する時の配偶者貸付について

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。総量規制の影響によって収入のない専業主婦は基本的に消費者金融を利用する事が出来ません。しかし消費者金融によっては配偶者貸付の制度を受け付けているので専業主婦が利用する事が出来る場合もあります。そこで専業主婦が消費者金融を利用する時の配偶者貸付について見ていく事にしましょう。

配偶者貸付とは配偶者である夫の収入を夫婦の収入とする制度で利用すると専業主婦でも消費者金融でお金を借りる事が出来ます。しかし通常のキャッシングをする時とは異なる点があるのでしっかり把握しておく必要があります。通常のキャッシングをする時は本人確認書類と収入証明書が必要書類となりますが、配偶者貸付を利用して専業主婦がキャッシングをする時は住民票など配偶者との婚姻関係を証明する書類や配偶者の同意書も提出しなければいけません。通常のキャッシングをする時より必要書類が多くなるのでしっかり準備しておきましょう。

配偶者貸付を受け付けている消費者金融は主に中小になってしまいます。中小の消費者金融は大手に比べて貸付条件が厳しくなる事が多いので計画的のお金を借りるようにしましょう。