キャッシングの返済における利息額の計算方法

キャッシングを利用した場合にはほとんどすべての人が金利を比較することでしょう。金利が高ければ利息額が多く、逆に金利が低ければ利息額が少なくなることは誰にでもわかります。しかし、実際にキャッシングをした場合に利息額が金利によってどのくらいの違いができるかをしっかりと把握している人はそれほど多くないのではと思われます。

キャッシングの利息額はキャッシングで借りた借入元本に金利を乗じてそれを一年間の日数である365で割り、最後に借入日数を乗じたものが利息になります。

例えば、10万円を金利18%でキャッシングして30日後に一括返済するとすれば、10万円×0.18(%)÷365(日)×30(日)となります。1479円が利息となり、借入元本の10万円を足した10万1479円を返済しなくてはならないということです。

同じように10万円を金利15%でキャッシングして30日後に一括返済するとすれば、10万円×0.15(%)÷365(日)×30(日)となり、1232円が利息となり、借入元本の10万円を足した10万1232円を返済すべきということになります。

このことからもいかに安い金利でキャッシングを利用することの重要性がわかるでしょう。

キャッシングの返済のポイントとして

キャッシングでお金を借りたのであれば少しでも早く返済できるようにしたほうがよいでしょう。まず返済方式というのがどんなこととしてあるのか、というのをよく理解しておくとよいでしょう。基本的にふたつの方式があります。それが約定返済と随時返済になります。どちらもとても大事な返済の方法になりますからしっかりと覚えておきましょう。

まず、約定返済なのですがこれは毎月決まった金額、或いは月々にその月初などに決められた金額を支払っていく、ということです。金利がメインになりますが元本もキチンと減っていくことになります。ですから、まずはこれが基本的な返済の方法になります。しかし、より効率的に返済をするのであればなんといっても随時返済が大事であるといえます。随時返済というのは、自分が意識的に返済をすることをいいます。こうすることによって、元本をそのまま減らすことができるようになります。

これがとても大事なことになりますから、しっかりと理解しておきましょう。どんどん随時返済をしていくことがまずはよい返済の大きなポイントになるのです。キャッシングの返済とはそれができるかどうか、というところに決まっているといっても過言ではないのです。

返済に遅れそうな時は正直に話すこと

過去に数社からキャッシングのお世話になった事があります。

理由は当時無職で就職活動や日々の生活にどうしてもお金が必要だったからです、今となっては確実に審査は通りませんが私がキャッシングを行った当時は今と違って審査は緩く、比較的すぐにキャッシングができたものです。

数社から借りた額は少額で、最悪日雇いでもして支払って行こうと思ったのですが、すぐに就職が決まり、それ以降キャッシングは行っていません。

返済はと言うと、最初の1ヶ月はさすがにキャッシングした金額の中から返済を行いましたが、その後は毎月の給与から支払っていきました。

しかし人間ですから毎月のうっかりと支払いを忘れてしまう事だって一度や二度ではありませんでした、数日は待ってくれたものの、何日も返済が滞ると相手方から連絡が来てしまいます。

そんなとき私は下手な言い訳をしませんでした。支払い忘れをきちんと謝罪し、すぐに支払う事で事なきを得てました、最悪友人から借りて返すこともありました。

結果信用情報にキズをつける事なく数年後には完済、現在では一つを除き全て解約しました。

私の場合はそのほとんどが失念から来るものでしたが、万が一返済が遅れそうな時はその旨きちんと相手方へ連絡し、正直に遅れると言う事を話す事、これが一番大切です。

返済できる時間がだんだん変化してきている

ここ最近のキャッシングの返済方法は、だんだん時間帯が変わりつつあります。以前に比べると、時間帯が無くなってきている傾向があるのです。

まず以前の返済の方法は、基本的に金融会社の営業時間に左右されている一面がありました。営業時間外ですと、返済できない事も多々あったのです。というのも以前は、コンビニのATMが設置されていませんでした。金融会社独自の実店舗などはよく見かけるのですが、そもそも以前はコンビニそのものがありませんでしたね。コンビニならば24時間利用する事ができるのですが、金融会社独自の機械の場合はやはり営業時間内に制限されていた訳です。ですのでお昼過ぎまでに手続きを終えないと、返済ができない事もよくありました。

ところが最近の返済方法は、昔とは大きく変わっています。前述のコンビニでATMが導入された事により、24時間いつでも返済ができるようになっています。

またATMだけでなく、インターネットの存在も見過ごすことができませんね。インターネットで申請をすれば、いつでも返済をする事ができるようになっています。

このように最近では、その融資商品の利便性がだんだん高まってきている訳です。今後もさらにシステムの改善が行われて、利便性が高まる可能性もありますね。