キャッシング申込み時の審査について

初めてキャッシングに申し込む時に気になるのは、審査に通るかどうか、ということです。特に非正規雇用で働いている人は、本当にお金を借りることができるのか不安になるようです。

消費者金融のキャッシングは、20歳以上で定期的な収入があれば、正社員ではなくても利用可能となっているので、審査の際には、雇用形態よりも、勤続年数の方が重要視される傾向があります。非正規雇用でも、同じ職場で長く働いている人は有利になります。

キャッシングの審査で最も重視されるのは、過去に債務整理などの金融事故を起こした履歴があるかどうか、他社から既に借り入れをしているかどうか、返済を滞らせたことはないか、という点です。そのため、一度もキャッシングをしたことがなく、初めて利用すると言う人は、比較的審査に通りやすいと言われています。

キャッシングの申込みをしようと思った時に考えること

キャッシングを初めて利用しようと思った時には少し気を付けなといけない事があります。

それは自分がキャッシングの申込みをして本当にお金を借りる事ができるかという点です。

なぜなら、実際にキャッシングを利用しようと思った時には申込みをしても中にはどこに申込んでも全く審査に通らない場合があるからです。ですが、意外とその事に全く気付かずに手当たり次第にキャッシング会社に申込みをしてお金を借りようとする事が普通にあるからです。

では、実際にキャッシングの申込みをしようと思った時はどういう事を考える必要があるかというと、それには自分がそれまで自分がどこかに借金をしていた状態で返済が遅れたような事がないかというのがポイントになります。

これは単に同じようにキャッシング会社からお金を借りた時の話だけでなく

例えばクレジットカードの支払いを滞納した事があるという人は要注意です。

たまにクレジットカードを使って買い物をしておきながらその支払いの平気で滞納して

おきながらキャッシングの申込みをしてお金を借りようとする人がいますが、クレジットカードも借金して物を購入しているのでこれの支払いを滞納していた場合はキャッシングの審査に通らないと思った方が良いです。

もちろん、例外もありますが多くは難しいので気を付けないといけないです。