キャッシングの申し込みは電話からも行える

キャッシングの申し込みは、今はネットから行う例が非常に多くなり、来店して申し込むケースとネットから申し込みケースでかなり割合を占めていると思います。

ただ、ネットに詳しくなかったり、できれば来店するところを見られたくないという人もいるでしょう。そういった方は電話から申し込むという方法があります。電話を使えないという方はまずいないと思いますから、これがあればとりあえずOKです。

契約書類の問題などもあるので、ちょっとは来店をしないといけないかと思われますが、電話で審査までが済んでしまえば、来店しないといけない回数や時間はかなり削減されると思います。ネットが使えなくても問題ないので、昔ながらの電話を使うという方法もあるということは知っておきましょう。

フリーターがお金が必要なとき

不況の時代に就職できなかったり、会社をリストラされたりなどで、フリーターで生活している人はたくさんいますが、正社員のように収入が多いわけではないので、ときには生活に困るぐらい、お金が足りなくなることもあるかも知れませんね。

親と同居しているのであれば、お金を借りるなどで助けてもらうことも出来ますが、親元から遠く離れたアパートで一人暮らしをしているような人の場合は難しいでしょう。

お金が必要だけど、どこから調達していいのかわからないとき、フリーターが頼れるところといえば消費者金融や銀行などのローン会社しかないので、いざというときは利用するようにしてください。

利用方法は非常に簡単で、お近くのローン会社の店舗に行き、運転免許証や健康保険証などの身分証明書を出して、窓口で申し込むだけです。

お近くに店舗がない場合でも、わざわざ交通費を使って出かける必要はありません。

なぜなら今は大抵の会社が来店不要で利用できるので、携帯電話やパソコンを使って申し込みが出来るからです。

どの方法を使うのも自由ですが、インターネット申し込みなら、24時間365日いつでも受け付けているので、いざ申し込もうと思って時計を見て、営業時間が過ぎていたとしても、気にすることなく利用できるのが嬉しいですね。

申し込みを行うと、ローン会社はすぐに審査を始めるので、スピーディーな会社なら30分程度で結果を教えてくれるはずです。

そこで合格していれば、指定した口座にお金を振り込んでくれるので、申し込んだ時間帯によっては、その日のうちにお金を手に入れることが出来ます。

5万円程度であれば、それほど利息が付かないので、次の給料日にまとめて返済できるでしょうし、低金利のローン会社を利用していれば、たったこれだけかと思うぐらいに少しの利息で済むので、また何度でも利用したいという気になるでしょう。

ただし一日でも返済期日を過ぎると、延滞利息金が加算されますから、それだけは気を付けるようにしたいですね。