休日に即日キャッシングを受けたい時に注意するべき点

有名なカードローンでは休日でも即日キャッシングが行えますが、必ずしも平日と同様にそれを受けられる訳ではなく、注意するべき点があります。

まず、休日では銀行への振込での融資は基本的には受けられないということです。これは銀行カードローンでも例外ではなく、休日の場合は直接現金で借りることになります。また、銀行カードローンでは休日に無人契約機から受付をしていても、平日より営業時間が短くなっていることがあるので注意してください。

具体的には三井住友銀行のカードローンの契約機は休日でも平日と同じく午後9時まで営業していますが、三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口は平日が午後8時までなのに対して、土曜日は午後6時まで、日曜日と祝日は午後5時までの営業となっています。

消費者金融でも休日には直接店舗の窓口からの申込みは行えません。有人店舗は平日のみの営業です。無人契約機はどの会社でも平日と同様の営業時間ですが、希望金額が多いと職場への在籍確認の為に即日キャッシングは難しいことがあります。休日には申込みをした人の職場が休みでこれを行えないことがほとんどだからです。

よって、休日に即日キャッシングを受けたい時には、なるべく早い時間になるべく少ない金額での申込みをしてください。例えば10万円というキャッシングでは最小の限度額になる金額での申込みでは、その日に在籍確認が行えなくても即日キャッシングできることも多いです。(この場合は後日改めて行われます。在籍確認が無くなる訳ではありません)

有名なカードローンで、休日でも即日キャッシングができると紹介されていたとしても、これらの点には注意をして申込みを行ってください。

クレジットカードのキャッシング枠で注意したいことは?

キャッシングと言えば、銀行や消費者金融のカードローンが便利であり、低い金利や高い限度額で契約出来る可能性があります。その一方で、少額融資ならクレジットカードのキャッシング枠は万が一の際に利用出来るため、契約する際に10万円の枠を設定すらことは少なくありません。クレジットカードのキャッシング枠が、総量規制の対象となるデメリットは浸透しているものの、別のデメリットに注意するの必要があります。

実は、クレジットカードのキャッシング枠で落とし穴になりがちなのは、返済方法です。契約上、翌月のカード支払で一括返済となることや一括返済だと考えていたら、リボ払いだったということがあります。そのため、予想していない金額が請求され、現金が足りなくなるリスクや返済金額が利息で割高になるリスクがあります。

そのため、クレジットカードを利用してキャッシングする際は予め、返済方法がどのようなものか確認しておく必要があります。

また、クレジットカードの支払が口座から自動引き落としの場合、無駄に利息を払うことになります。そのため、少しでも利息を抑えたいのであれば、毎月の締め日までにコンビニATMから返済してしまうことがおすすめです。

クレジットカードのキャッシング枠は便利なものの、注意しなければ負担が増えてしまいます。