専業主婦が消費者金融を利用する時の配偶者貸付について

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。総量規制の影響によって収入のない専業主婦は基本的に消費者金融を利用する事が出来ません。しかし消費者金融によっては配偶者貸付の制度を受け付けているので専業主婦が利用する事が出来る場合もあります。そこで専業主婦が消費者金融を利用する時の配偶者貸付について見ていく事にしましょう。

配偶者貸付とは配偶者である夫の収入を夫婦の収入とする制度で利用すると専業主婦でも消費者金融でお金を借りる事が出来ます。しかし通常のキャッシングをする時とは異なる点があるのでしっかり把握しておく必要があります。通常のキャッシングをする時は本人確認書類と収入証明書が必要書類となりますが、配偶者貸付を利用して専業主婦がキャッシングをする時は住民票など配偶者との婚姻関係を証明する書類や配偶者の同意書も提出しなければいけません。通常のキャッシングをする時より必要書類が多くなるのでしっかり準備しておきましょう。

配偶者貸付を受け付けている消費者金融は主に中小になってしまいます。中小の消費者金融は大手に比べて貸付条件が厳しくなる事が多いので計画的のお金を借りるようにしましょう。

専業主婦でもOKのキャッシング契約には注意が必要!

専業主婦でも、契約が可能なキャッシングについては注意が必要であり、『配偶者貸付に該当する・しない』を確認する必要があります。

そもそも、配偶者貸付とはどんなものかというと、貸金業法が適用され、総量規制の例外となるものです。制度としては、『配偶者と併せた年収の1/3以下』の借入が出来るものです。

銀行カードローンやフリーローンの場合、銀行法が適用され、配偶者貸付には該当しません。一方、貸金業者から専業主婦でも借り入れ出来るものが配偶者貸付に該当し、契約する際は『配偶者の同意』が必要となります。つまり、内緒でのキャッシング契約が出来ないということになります。また、契約をする際は本人確認書類意外に婚姻関係を証明する書類や収入証明書類が必要となるため、手続きに手間もかかります。

単純に専業主婦でも借り入れ出来ると考え、契約申し込みを行うのは危険であり、配偶者の信用情報も開示されることとなります。さらに、配偶者の信用情報も影響する、または信用情報に影響を与えることとなるため、契約する際は注意が必要になります。

結果、自分自身の信用情報に於いて借り入れを行うのであれば、銀行系のローン商材が非常にリスクの少ないものとなります。