消費者金融の審査で確認にする信用情報に金融事故の履歴が残る理由は?

消費者金融は審査で信用情報を確認します。信用情報には過去にクレジットカードやキャッシングなど金融取引をした時の履歴が残っているので消費者金融の審査の可否に参考にしています。それで金融事故と呼ばれる履歴が残っていると審査に落ちてしまいますが、どのような事をすると金融事故として履歴が残ってしまうのか確認していきましょう。

・長期延滞

クレジットカードやキャッシングなどを利用した時は返済期日まで返済しなければいけません。それで返済期日を過ぎても返済していないと電話や書面で連絡が来るのでそこで返済すれば問題ありません。しかしそれでも支払いをしないで長期延滞をしてしまうと信用情報に金融事故の履歴が残ってしまいます。目安としては2ヶ月以上の延滞となるので注意しましょう。

・強制解約

クレジットカードやキャッシングをする時に利用規約があるので契約する時に同意します。しかし同意したのに規約違反をしてしまうと業者から契約を打ち切られてしまいます。それで信用情報に金融事故の履歴が残ってしまうので注意が必要です。

・債務整理

キャッシングをした時に無理な借り入れをして返済が困難になると減額や免除の手続きをする必要があります。この手続きを債務整理と呼ばれていて信用情報に金融事故の履歴が残ってしまいます。債務整理をした事がある人は消費者金融の審査に落ちてしまいます。

信用情報に金融事故の履歴が残る理由はこのようにあるので消費者金融の審査を受ける前にしっかり確認しておきましょう。

返済に遅れそうな時は正直に話すこと

過去に数社からキャッシングのお世話になった事があります。

理由は当時無職で就職活動や日々の生活にどうしてもお金が必要だったからです、今となっては確実に審査は通りませんが私がキャッシングを行った当時は今と違って審査は緩く、比較的すぐにキャッシングができたものです。

数社から借りた額は少額で、最悪日雇いでもして支払って行こうと思ったのですが、すぐに就職が決まり、それ以降キャッシングは行っていません。

返済はと言うと、最初の1ヶ月はさすがにキャッシングした金額の中から返済を行いましたが、その後は毎月の給与から支払っていきました。

しかし人間ですから毎月のうっかりと支払いを忘れてしまう事だって一度や二度ではありませんでした、数日は待ってくれたものの、何日も返済が滞ると相手方から連絡が来てしまいます。

そんなとき私は下手な言い訳をしませんでした。支払い忘れをきちんと謝罪し、すぐに支払う事で事なきを得てました、最悪友人から借りて返すこともありました。

結果信用情報にキズをつける事なく数年後には完済、現在では一つを除き全て解約しました。

私の場合はそのほとんどが失念から来るものでしたが、万が一返済が遅れそうな時はその旨きちんと相手方へ連絡し、正直に遅れると言う事を話す事、これが一番大切です。