他社との合計額が限度額になる

キャッシングで借りる事ができる金額には、限度はあります。無制限の金額で借りれる訳ではありませんので、注意が必要です。いわゆる利用限度額になります。

ところでその限界金額は、既に借りている金額のトータルに左右される一面があるのです。他の会社にてお金を借りているとなると、金額が低くなるケースも見られます。

例えば現在の年間の所得は、200万円だとします。それである会社で申し込みをした時は、最大60万まで借りれるケースが目立ちます。日本には総量規制というルールがあるので、最大値は30パーセントに限定されているからです。

ところが人によっては、その金融会社で申し込みをしている時に、すぐに別の会社で借りているのです。仮にその金額が10万円だとします。その場合は、上記の金融会社にて借りる事ができる金額は、50万円に限定される事になるのです。つまり限度額は、50万円という事になります。

このようにキャッシングで借りる事ができる金額は、他の会社とのトータルの数値によって算出される訳ですね。金融業界には、いわゆる情報共有のシステムがあります。他の金融会社との情報が共有できるので、上記のようなシステムが実現できる訳です。