カードレスのキャッシング

キャッシングでお金を借りる時には、専用のカードが発行されますので、それを銀行やコンビニにあるATMなどに入れてお金を引き出します。

しかしながら、最近ではこのカードの発行自体を避けたいという人のニーズが高くなってきているため、「カードレス」での利用を選べるようになってきています。

このカードレスというのは、どういうことかと言うと、ネット上のページから金額を入力することで、自分の銀行口座にお金が振り込まれるということです。

カードレスで融資が受けられるメリットは、郵送されてくるものが一切ない状態になりますから、家族の人にバレなくなります。やはりキャッシングの利用が家族の人に知られるのは、郵送物が手に取られるということが引き金になりがちですから、一切の情報が来ないというカードレスが人気なのです。

そしてもう一つのメリットが、スピーディーに融資が受けられるという点です。カードの発送がありませんから、その日のうちにお金が借りられます。

キャッシングの審査に通らない時に最初に確認すべきこと

キャッシングの審査に通らないとお金を借りることができません。まずは金融業者の審査に通ることが必要です。そして、もしキャッシングの審査に通らないということであれば、次の金融業者の審査を受ける前に確認しておくことがあります。それは、自分の信用情報です。

金融業者はキャッシングの審査の際には必ず信用情報機関の個人信用情報を最重要視して審査を行います。個人信用情報の中でも異動情報や事故情報に記載があれば、ほぼ間違いなく審査を通ることはできません。異動情報や事故情報は返済遅延や債務整理などの履歴が記載されているものですから、まずはそれらに心当たりがあるかどうかを振り替えて見る必要があります。心当たりがなければ、別の金融業者に申し込んでみましょう。

キャッシング申込み時の審査について

初めてキャッシングに申し込む時に気になるのは、審査に通るかどうか、ということです。特に非正規雇用で働いている人は、本当にお金を借りることができるのか不安になるようです。

消費者金融のキャッシングは、20歳以上で定期的な収入があれば、正社員ではなくても利用可能となっているので、審査の際には、雇用形態よりも、勤続年数の方が重要視される傾向があります。非正規雇用でも、同じ職場で長く働いている人は有利になります。

キャッシングの審査で最も重視されるのは、過去に債務整理などの金融事故を起こした履歴があるかどうか、他社から既に借り入れをしているかどうか、返済を滞らせたことはないか、という点です。そのため、一度もキャッシングをしたことがなく、初めて利用すると言う人は、比較的審査に通りやすいと言われています。

アルバイトを始めたばかりでもキャッシングの審査が通るポイントは?

アルバイトがキャッシングをする時は勤続期間が長くないと審査が落ちてしまう可能性が高いと言われています。それでアルバイトを始めたばかりの人は審査に落ちてしまうのではないかと不安になって利用しない人が多いです。しかしアルバイトを始めたばかりでも審査が通る可能性があるので確認していきましょう。

キャッシングの審査の終盤で在籍確認が行われます。アルバイトの場合は勤務先に電話をかける方法になりますが、在籍確認がしっかり取れれば貸付をしても大丈夫と判断される事もあります。またアルバイトは収入が少ないので返済する時の負担がかかりやすいです。それで無利息サービスを提供している業者の方が審査が通る可能性が高くなります。このようなポイントを押さえておくとアルバイトを始めたばかりでも審査が通ります。

キャッシングの返済は「無料返済期間」を利用すべし!

キャッシング初心者の方が口をそろえて言うのが「利息・金利が高いから」というセリフです。

たしかに、キャッシングには金利が発生します。

それは銀行でローンを組む時も一緒ですよね。

しかし、キャッシングには「無料返済期間」を設けているところがあるのはご存知でしょうか?

例えばアコムです。

アコムは初めて利用する人であれば、30日間の無利息期間が適用されます。

さらにレイクも例に出すと、レイクの場合は30日間の無利息期間とは別に、5万以下の借入であれば180日間の無利息期間が適用されるんです。

これってすごいことですよね。

クレジットの現金化をするよりも各段オトクです。

初めてだからこそ、借入をしてみるチャンスなんです。

さらに、キャッシング会社のほとんどが審査に通れば即日利用が可能で、振り込み手数料0円で口座に振り込みしてくれるので、家に居ながらキャッシングが出来てしまうんです。

また返済もネットやコンビニATMで可能ですので、店舗に行かずとも返済が可能なんです。

来月までの辛抱…と給料日までひもじい思いをした経験がある人も多いかと思います。

でも一生懸命毎日過ごしているからこそ、ご褒美って大事ですよね。

そんなときはぜひキャッシングに頼ってみてください。

計画外の出費でもすぐに対処できる消費者金融のキャッシング

ほとんどの消費者は毎日の暮らしを限られた予算のなかでやり繰りをしながら生活していることでしょう。しかし、ときにはその予算には組み込まれていない計画外の出費に迫られてしまう場合もあります。たとえば、親族や会社関係の誰かが不幸にして亡くなられたようなときにはお葬式に顔を出さないわけにはいかず、それなりの出費に迫られてしまうことになります。そのようなまるで想定していなかった出来事が発生した場合、すべての消費者がその出来事に対処できるとは限りません。

どこからかお金を借りなくてはならない状況になってしまうことも十分に考えられるのです。そのようなときに便利なのが消費者金融のキャッシングです。キャッシングでは最短で即日融資を受けることも可能で、ウェブや自動契約機ならば消費者金融の店舗が営業時間外であってもキャッシングの申し込みの対応してくれるからです。そのため、急にお葬式になどに参列しなくてはならない事態に見舞われたときでも、足りないお金の工面に苦労することなくすぐに必要なお金を用立てることができます。

ただし、キャッシングというサービスは決して金利が安いとはいえないので、利息の負担が嫌だというときにはなるべく早いうちに返済を終えてしまうようにしましょう。

アルバイトでもキャッシングが可能なの?

アルバイトをしているフリーターでもキャッシングができるのでしょうか。一般的にキャッシングの審査は銀行は厳しく、消費者金融の方がわりと柔軟に対応してくれることが多いので、もしアルバイトでキャッシングを申し込む場合は消費者金融一本で申し込みをした方が良いでしょう。アルバイトですと毎月まとまった収入が無いという場合でも、その収入額よりも安定して月収入があるかどうかが審査時のポイントになるので、きちんと仕事を続けていることが重要なのです。

雇用形態がアルバイトであるか正社員であるかにかかわらず、キャッシングに通過するためには本人確認書類の提出が必須となります。その場合は運転免許証か健康保険証などの確認書類を準備して消費者金融の公式サイトから手続きを進めるようにしましょう。また収入証明は50万円以下のキャッシング申請なら特に請求されることはありません。ですから最初から50万円以上のキャッシングを利用するのではなく、あくまでも自分できちんと無理なく返済していける金額でのキャッシングの申し込みをすることをおすすめします。

このようにたとえアルバイトの身分だとしてもコツさえ押さえておけば消費者金融のキャッシングの審査通過できる可能性は非常に高いので、諦めずに申し込んでみましょう。

キャッシングの返済における利息額の計算方法

キャッシングを利用した場合にはほとんどすべての人が金利を比較することでしょう。金利が高ければ利息額が多く、逆に金利が低ければ利息額が少なくなることは誰にでもわかります。しかし、実際にキャッシングをした場合に利息額が金利によってどのくらいの違いができるかをしっかりと把握している人はそれほど多くないのではと思われます。

キャッシングの利息額はキャッシングで借りた借入元本に金利を乗じてそれを一年間の日数である365で割り、最後に借入日数を乗じたものが利息になります。

例えば、10万円を金利18%でキャッシングして30日後に一括返済するとすれば、10万円×0.18(%)÷365(日)×30(日)となります。1479円が利息となり、借入元本の10万円を足した10万1479円を返済しなくてはならないということです。

同じように10万円を金利15%でキャッシングして30日後に一括返済するとすれば、10万円×0.15(%)÷365(日)×30(日)となり、1232円が利息となり、借入元本の10万円を足した10万1232円を返済すべきということになります。

このことからもいかに安い金利でキャッシングを利用することの重要性がわかるでしょう。

キャッシングの申込みをしようと思った時に考えること

キャッシングを初めて利用しようと思った時には少し気を付けなといけない事があります。

それは自分がキャッシングの申込みをして本当にお金を借りる事ができるかという点です。

なぜなら、実際にキャッシングを利用しようと思った時には申込みをしても中にはどこに申込んでも全く審査に通らない場合があるからです。ですが、意外とその事に全く気付かずに手当たり次第にキャッシング会社に申込みをしてお金を借りようとする事が普通にあるからです。

では、実際にキャッシングの申込みをしようと思った時はどういう事を考える必要があるかというと、それには自分がそれまで自分がどこかに借金をしていた状態で返済が遅れたような事がないかというのがポイントになります。

これは単に同じようにキャッシング会社からお金を借りた時の話だけでなく

例えばクレジットカードの支払いを滞納した事があるという人は要注意です。

たまにクレジットカードを使って買い物をしておきながらその支払いの平気で滞納して

おきながらキャッシングの申込みをしてお金を借りようとする人がいますが、クレジットカードも借金して物を購入しているのでこれの支払いを滞納していた場合はキャッシングの審査に通らないと思った方が良いです。

もちろん、例外もありますが多くは難しいので気を付けないといけないです。

キャッシングで在籍確認はどんなことをするの?

在籍確認、という言葉をご存知でしょうか。

キャッシングを申し込んだ際に、よくある手続きの一つで「申し込んだ貴方が本当にその企業に【在籍】しているかの【確認】」になります。

基本的には在籍確認には、自分の勤務地の電話番号を記載すべきです。

仮に仕事用とプライベート用の携帯電話が分かれていたとして、所詮携帯電話は個人に付随する可能性が高いので、在籍確認としては望ましくありません。

特に、公式HP等を展開していて、代表電話番号がある会社は外線番号がないわけがありません。

そのため、自分の仕事用の携帯電話番号でなく、会社の外線番号を正しく伝えるようにしましょう。

基本的にキャッシングの契約とは「申込者と貸付会社の信頼関係」で出来ています。

そのため、在籍確認の電話番号で不安がある場合、「まぁ、いっか」と思って番号を登録するのではなく、貸付会社にきちんと確認したうえで、電話番号を登録するのがよいでしょう。そうしなければ、「偽装する恐れあり」と認識されてしまい、審査が通りにくくなってしまいます。

キャッシングを会社に知られたくない場合でも、大丈夫です。基本的には個人名で掛かってきますので、会社にばれることはありません。