銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの比較

銀行と消費者金融のカードローンを比較した場合、最も大きな違いは金利です。一般的なカードローンの利用には最高金利が適用されますが、銀行の最高金利が14.5~18%なのに対し、消費者金融は18~20%となっています。大手銀行のカードローンの金利は14.5%前後なので、50万円借りた場合は、年間の利息に2万円ほどの差が出てくることになります。

もう一つの気になる違いがATMの利用手数料です。銀行の場合は、自行のATMはもちろん、提携銀行やコンビニのATMも手数料が無料ですが、消費者金融の場合は、提携先のATM手数料は原則有料です。

カードローン利用に必要な経費を考えると、銀行の方がかなりお得になりますが、消費者金融のカードローンにも大きなメリットがあります。それは、審査がスピーディで即日融資が可能だということです。

急いで借りたいので、少々金利が高くても消費者金融を選ぶ、という人もいるようです。大手消費者金融では、初めての契約に限り30日間無利息サービスを行っているところもあるので、うまく利用すれば利息を抑えることもできます。

総量規制対象外のカードローンの審査のポイント

カードローンの契約には必ずに審査があります。審査の基準は金融機関によって違うのですが、法律によって規制されている内容もあるのです。その1つが総量規制による、貸し付け額の規制です。消費者金融のカードローンは、この総量規制の対象となるため年収の3分の1以上の額を借りることができません。

消費者金融であっても借り換え専用のローンは総量規制対象外となります。また、銀行カードローンも総量規制対象外となります。ただし、総量規制対象外だからと言って年収の3分の1以上の借り入れができる、年収の確認をせずに審査に通るわけではありません。一般的には銀行カードローンの審査の方が厳しい傾向にあると言われており、客観的に見て返済できる額かどうかの審査は厳密にされます。必要最低限の額で申し込む、他の借り入れがある場合にはできるだけ返済しておくなどが審査のポイントになります。

カードローンでなるべく利息分の支払いを少なく済ませるには発想の転換も

多くの人がカードローンやキャッシングに至る経緯、またその緊急性を考えれば、借入金の有利な返済方法にまで思い至り契約するだけの心の余裕は殆ど無いのが当たり前であり、結果として多少なりとも多額の返済となってしまっても致し方の無い事でしょう。

ただ次回以降同じ手段でお金を借りる際は、自分の借入額と可能な返済のペース、そして返済に利用可能な手段や利便性を一通り考慮し、最もリーズナブルで確実な返済方法を選択したいものです。

カードローンやキャッシングにおける借入金の返済方法には、専用ATMからの直接振込や提携先となる銀行口座からの引落し等があります。日々時間に余裕が出来る人、あるいは専用ATMが身近にある人なら、返済額が出来上がる度にそれらのATMから継続的に返済してゆくのが便利ですし、その余裕が無い人であれば自動に引き落とされる銀行口座の利用がベストでしょう。

トータルの利息分を少しでも減らす為には、なるべく早い期間に返済を済ませるという方法がベストとなりますが、返済能力には当然個人差があります。利息を抑えるべく、1回の返済の負担を大きくし過ぎると普段の生活まで圧迫しかねず、決して良い結果は得られません。

その際はむしろ利息の値に注目するべきです。その値がより低く負担の少ないカードローンへの借り換えを検討する、といった方法が有効となるケースもあるからです。

カードローンの特徴としては

カードローンというのは最初にカードを発行してもらって、そのときに限度額を決めてもらう方式の融資の方法になります。

あくまで個人に対する信用貸しになりますから、担保などは取ることがないです。

ですから、金利も基本的には様々なお金の貸し方の中で最も高くなる可能性が高いといっても過言ではないでしょう。

しかし、最も身近な金融サービスといえることも確かであるといえます。

事前にカードを発行してもらっておくことができるのであればいつでも使える資金源として活躍してくれることでしょう。

最初から融資可能額と考えられる金額が上限を設定されるわけではなく、徐々に使っていくうちに高くなる、ということになります。

信用が大事ですから返済の実績などがあるとよいわけです。

銀行ローンの特徴としてあること

銀行からのローンは目的ローンがメインになっているでしょうが、銀行ローンでカードローンも相当に増えています。銀行でもそうした個人に対する信用貸しも物凄く増えています。銀行系のカードローンの特徴としてあるのが、総量規制が引っかからないことです。この総量規制とは業者側に対する規制であり、年収の三分の一までしか貸してはいけない、というものであり、これが貸金業法に入っています。つまりは、銀行は銀行法が適用されることになりますから、これの適用外となっているのです。また、これも銀行によって違うともいえるのですが傾向としては銀行系のほうが金利が安いことが多いです。

そうした意味ではキャッシングのような形でお金を借りるのであればできれば銀行系のカードローンにしたほうがよいでしょう。カードローンにはまずは審査がある点においてキャッシングとはほぼ同じになります。ですが、返済が分割でよいとか融資可能の限度額がはっきりとしている、ということがあります。かなりキャッシングとの境が薄くなっていることは確かですが、銀行のカードローンは金利が低め、銀行なので安心できる、といった特徴がありますから人気になっているわけです。

三井住友銀行のカードローンを簡潔に契約する方法

大手銀行のカードローンは他の金融機関のカードローンと比べて、利用の際の安心感がありますし、金利面でも他の金融機関の商品よりも好条件となっていることが多いので、多くの人が好んで利用するカードローンだと言えます。

特に三井住友銀行のカードローンは、利用限度額は最高で800万円と高額ですし、金利面でも年4.0%?14.5%と消費者金融のカードローンと比べるとかなりの好条件となっているので、年齢や性別に関係なく多くの人におすすめできる内容の商品となっています。

三井住友銀行のカードローンは、これだけの好条件を揃えながら、一定の条件を満たしていれば消費者金融のカードローンよりも簡潔な契約ができるので、カードローンを利用したいと考えたのならば、是非とも簡潔な方法でこの銀行のカードローンの申込をしてみてください。

簡潔な契約をするための条件とは、三井住友銀行の預金口座とインターネットバンキングの契約を予めしておいて、インターネットバンキングで申込をすること。そして利用限度額を300万円までとして申し込みをすることとなります。

この2つの条件を満たして申し込みをすれば、なんと提出書類は一切無しで来店不要で契約ができるのです。

カードローンを使ったきっかけ

カードローンを使ったきっかけは冠婚葬祭が立て続けにあり、自動車を買い換えたばかりの私には貯金が殆ど残ってなかったからです。

今まで一度も使った事がなかったので多少の抵抗はありましたが、そうも言ってられなかったので15万円借りることにしました。

友達の結婚式は以前から分かっていたのですが、母から「従姉妹が突然内々で結婚式をやることになったから」と連絡があって交通費とお祝い金の用意をしなくてはならなくなり、かと思ったらまた母から「伯父さんが亡くなった」と連絡。

兄がどうしても都合がつかないとのことで、私が母と一緒に出席することになったのですが、礼服を持っていなかった私は急いで買いに行きお金を用意し伯父の家へ行きました。

急とはいえ出席しなければならないことばかりで、ひと月の内にかなりの出費をしてしまいましたが、カードで借りることが出来たからこそ何とか用意することが出来、後はこれ以上使わないよう気をつけて毎月払って、少しでも早く完済したいと思います。