アルバイトを始めたばかりでもキャッシングの審査が通るポイントは?

アルバイトがキャッシングをする時は勤続期間が長くないと審査が落ちてしまう可能性が高いと言われています。それでアルバイトを始めたばかりの人は審査に落ちてしまうのではないかと不安になって利用しない人が多いです。しかしアルバイトを始めたばかりでも審査が通る可能性があるので確認していきましょう。

キャッシングの審査の終盤で在籍確認が行われます。アルバイトの場合は勤務先に電話をかける方法になりますが、在籍確認がしっかり取れれば貸付をしても大丈夫と判断される事もあります。またアルバイトは収入が少ないので返済する時の負担がかかりやすいです。それで無利息サービスを提供している業者の方が審査が通る可能性が高くなります。このようなポイントを押さえておくとアルバイトを始めたばかりでも審査が通ります。

アルバイトでもキャッシングが可能なの?

アルバイトをしているフリーターでもキャッシングができるのでしょうか。一般的にキャッシングの審査は銀行は厳しく、消費者金融の方がわりと柔軟に対応してくれることが多いので、もしアルバイトでキャッシングを申し込む場合は消費者金融一本で申し込みをした方が良いでしょう。アルバイトですと毎月まとまった収入が無いという場合でも、その収入額よりも安定して月収入があるかどうかが審査時のポイントになるので、きちんと仕事を続けていることが重要なのです。

雇用形態がアルバイトであるか正社員であるかにかかわらず、キャッシングに通過するためには本人確認書類の提出が必須となります。その場合は運転免許証か健康保険証などの確認書類を準備して消費者金融の公式サイトから手続きを進めるようにしましょう。また収入証明は50万円以下のキャッシング申請なら特に請求されることはありません。ですから最初から50万円以上のキャッシングを利用するのではなく、あくまでも自分できちんと無理なく返済していける金額でのキャッシングの申し込みをすることをおすすめします。

このようにたとえアルバイトの身分だとしてもコツさえ押さえておけば消費者金融のキャッシングの審査通過できる可能性は非常に高いので、諦めずに申し込んでみましょう。

アルバイトも長く働いていれば簡単に融資は受けられます

現在フリーターの人で急にお金が必要になった場合、消費者金融から借入を考える人もいると思いますが、現在のカードローン事情からいうと簡単に借りることが出来ると言えます。
ただし、少なくとも3ヶ月、出来れば半年以上の在籍期間が欲しいです。
やはり、フリーターは何かと不利になるので、アルバイトといえどもひとつの所で長く働くことが重要なのです。
年収に関しては、一般的に200万円以上と言われますが、あまり重要視されないようです。
総量規制の導入後、全体の貸出総額が年収の3分の1となったので、低年収の人でも安定収入があれば、限度額は低くなりますが融資は受けられるようになりました。
これは同じく年収の低いパート主婦にも言えることです。とにかく年収よりも毎月の収入の方が重要度が高くなるので、短期のアルバイトを色々するより一箇所に長く務めたほうが断然有利です。
出来ることなら金利が低くてお得なので銀行カードローンで借りたいところですが、銀行カードローンはフリーターには厳しいです。
ただし楽天銀行やセブン銀行等の比較的新しく出来た銀行は、審査が甘い傾向にあるので、フリーターでも借りられる確率はかなり高いと言えます。
どちらにしても、いざという時のために普段からアルバイトは継続して勤務することを心がけると良いでしょう。