休日に即日キャッシングを受けたい時に注意するべき点

有名なカードローンでは休日でも即日キャッシングが行えますが、必ずしも平日と同様にそれを受けられる訳ではなく、注意するべき点があります。

まず、休日では銀行への振込での融資は基本的には受けられないということです。これは銀行カードローンでも例外ではなく、休日の場合は直接現金で借りることになります。また、銀行カードローンでは休日に無人契約機から受付をしていても、平日より営業時間が短くなっていることがあるので注意してください。

具体的には三井住友銀行のカードローンの契約機は休日でも平日と同じく午後9時まで営業していますが、三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口は平日が午後8時までなのに対して、土曜日は午後6時まで、日曜日と祝日は午後5時までの営業となっています。

消費者金融でも休日には直接店舗の窓口からの申込みは行えません。有人店舗は平日のみの営業です。無人契約機はどの会社でも平日と同様の営業時間ですが、希望金額が多いと職場への在籍確認の為に即日キャッシングは難しいことがあります。休日には申込みをした人の職場が休みでこれを行えないことがほとんどだからです。

よって、休日に即日キャッシングを受けたい時には、なるべく早い時間になるべく少ない金額での申込みをしてください。例えば10万円というキャッシングでは最小の限度額になる金額での申込みでは、その日に在籍確認が行えなくても即日キャッシングできることも多いです。(この場合は後日改めて行われます。在籍確認が無くなる訳ではありません)

有名なカードローンで、休日でも即日キャッシングができると紹介されていたとしても、これらの点には注意をして申込みを行ってください。

消費者金融の審査で確認にする信用情報に金融事故の履歴が残る理由は?

消費者金融は審査で信用情報を確認します。信用情報には過去にクレジットカードやキャッシングなど金融取引をした時の履歴が残っているので消費者金融の審査の可否に参考にしています。それで金融事故と呼ばれる履歴が残っていると審査に落ちてしまいますが、どのような事をすると金融事故として履歴が残ってしまうのか確認していきましょう。

・長期延滞

クレジットカードやキャッシングなどを利用した時は返済期日まで返済しなければいけません。それで返済期日を過ぎても返済していないと電話や書面で連絡が来るのでそこで返済すれば問題ありません。しかしそれでも支払いをしないで長期延滞をしてしまうと信用情報に金融事故の履歴が残ってしまいます。目安としては2ヶ月以上の延滞となるので注意しましょう。

・強制解約

クレジットカードやキャッシングをする時に利用規約があるので契約する時に同意します。しかし同意したのに規約違反をしてしまうと業者から契約を打ち切られてしまいます。それで信用情報に金融事故の履歴が残ってしまうので注意が必要です。

・債務整理

キャッシングをした時に無理な借り入れをして返済が困難になると減額や免除の手続きをする必要があります。この手続きを債務整理と呼ばれていて信用情報に金融事故の履歴が残ってしまいます。債務整理をした事がある人は消費者金融の審査に落ちてしまいます。

信用情報に金融事故の履歴が残る理由はこのようにあるので消費者金融の審査を受ける前にしっかり確認しておきましょう。

アルバイトでもキャッシングが可能なの?

アルバイトをしているフリーターでもキャッシングができるのでしょうか。一般的にキャッシングの審査は銀行は厳しく、消費者金融の方がわりと柔軟に対応してくれることが多いので、もしアルバイトでキャッシングを申し込む場合は消費者金融一本で申し込みをした方が良いでしょう。アルバイトですと毎月まとまった収入が無いという場合でも、その収入額よりも安定して月収入があるかどうかが審査時のポイントになるので、きちんと仕事を続けていることが重要なのです。

雇用形態がアルバイトであるか正社員であるかにかかわらず、キャッシングに通過するためには本人確認書類の提出が必須となります。その場合は運転免許証か健康保険証などの確認書類を準備して消費者金融の公式サイトから手続きを進めるようにしましょう。また収入証明は50万円以下のキャッシング申請なら特に請求されることはありません。ですから最初から50万円以上のキャッシングを利用するのではなく、あくまでも自分できちんと無理なく返済していける金額でのキャッシングの申し込みをすることをおすすめします。

このようにたとえアルバイトの身分だとしてもコツさえ押さえておけば消費者金融のキャッシングの審査通過できる可能性は非常に高いので、諦めずに申し込んでみましょう。

学生がキャッシングローンを行う際の注意点

学生でも急なお金を要する場合ってありますよね。
そこでキャッシングローンを利用するという手があります。
しかし学生でもキャッシングローンでお金を借りることができるのでしょうか。

答えは原則、20歳以上でアルバイトなどで収入を得ている学生であれば可能です。
一般的に成人していて安定収入のある方が審査対象ですので、学生であっても一定の収入さえあれば大丈夫なのです。
当然、アルバイトをしていない学生であれば厳しいと言えますね。
では親の仕送りをしてもらっている学生はどうなのでしょうか。
仕送りは基本的に収入とみなさず、どこの会社でも審査対象外とされるところが多いそうです。
ですので、アルバイトなどで収入を得ていることが絶対条件となるのです。

また親に内緒でお金を借りたい場合、親の同意が必要なのかも気になるところですよね。
こちらは基本的に親の同意は必要なく、学生であっても成人なのでそのようなことは行わないそうです。
しかし一部の会社では行うこともあるそうなので、心配な方は事前に確認するのが一番ですね。
また親の連絡先はどこの会社でも聞かれると思っておいていいでしょう。
これはもし本人の返済が滞った場合、そして本人に連絡がつかない場合の最終手段なので基本的に親に連絡がいくことはないですね。

以上が学生がキャッシングローンを行う場合の注意点でした。