キャッシング審査で職場への電話が不安な方へ

クレジットカードなどを利用してキャッシングを検討されている方の不安の1つが、職場への在籍確認の電話でしょう。

職場へクレジットカード会社などから電話が来るというのはあまり知られたくない情報とも言えますよね。

そんな不安な方に、実際に電話が来た場合はどのような内容を話しているのかを紹介したいと思います。

在籍確認は消費者金融やカード会社からすると確認しておきたい事項の1つです。

虚偽はないのか、本当に働いているのかなどは重要なものです。

しかし「自分がキャッシングしようとしていることを知られるのではないか?」という点が非常に気になりますよね。

そんな不安を抱えている方も多いと思いますが、実はほとんどの場合バレてしまうことはありません。

というのも、第3者以外に借入のことを知らせることは法律上禁止されているため、その点を十分配慮してくれます。

大抵の場合は個人名で電話をかけることがほとんどですが、本人から要請があった場合はサービスセンターなどの名前を名乗ってくれることもあります。

中には「親戚で近くまで来たが、家が不在のようだったので…」といった内容で電話をしてくれるところもあります。

また本人が不在だとしても、在籍していることが分かればそれで終了となるため、「また電話します」と切ってそれで終了となります。

余計なことは一切話しませんし、キャッシングを行うことがバレることもほとんどないため、安心して良いでしょう。

カードローンの特徴としては

カードローンというのは最初にカードを発行してもらって、そのときに限度額を決めてもらう方式の融資の方法になります。

あくまで個人に対する信用貸しになりますから、担保などは取ることがないです。

ですから、金利も基本的には様々なお金の貸し方の中で最も高くなる可能性が高いといっても過言ではないでしょう。

しかし、最も身近な金融サービスといえることも確かであるといえます。

事前にカードを発行してもらっておくことができるのであればいつでも使える資金源として活躍してくれることでしょう。

最初から融資可能額と考えられる金額が上限を設定されるわけではなく、徐々に使っていくうちに高くなる、ということになります。

信用が大事ですから返済の実績などがあるとよいわけです。