学生がキャッシングを利用するのに必要なポイント

学生というのは身分であり、職業ではありません。その為、当然ながら学生であることが収入源に繋がることはないのです。とはいえ、学業の傍らでアルバイトをして収入を得ている学生の方もたくさんいます。このように自力で収入を得ている学生なら、消費者金融などでキャッシングを利用することが出来るかもしれません。

キャッシングの審査通過に必要なのは、主に年齢と収入です。学生であっても20歳以上の方でアルバイト等の収入があれば、問題なく審査に通過できるケースは珍しくありません。20歳未満の学生の場合は自身の名義でお金を借りるには保護者の同意書が必要になるのが一般的ですが、この場合でも学生だからという理由で絶対に借りられないということはありません。とは言え、やはり学生の収入は少なく、安定性も低いと言わざるを得ません。その為一般的なサラリーマンに比べると融資される金額も少なめです。

学生も何かとお金がかかることが多く、キャッシングの必要が生じるケースも少なくないでしょう。しかしながら学生の本分は学業であり、アルバイトは学業に支障が出ない範囲で行われているのが普通です。アルバイトによる限られた収入に対して審査が行われて融資額が決定されるわけですが、無理なく返済をしていく為には、しっかりと余裕を持った返済計画を立ててからキャッシングを利用するようにしましょう。

カードローンを使ったきっかけ

カードローンを使ったきっかけは冠婚葬祭が立て続けにあり、自動車を買い換えたばかりの私には貯金が殆ど残ってなかったからです。

今まで一度も使った事がなかったので多少の抵抗はありましたが、そうも言ってられなかったので15万円借りることにしました。

友達の結婚式は以前から分かっていたのですが、母から「従姉妹が突然内々で結婚式をやることになったから」と連絡があって交通費とお祝い金の用意をしなくてはならなくなり、かと思ったらまた母から「伯父さんが亡くなった」と連絡。

兄がどうしても都合がつかないとのことで、私が母と一緒に出席することになったのですが、礼服を持っていなかった私は急いで買いに行きお金を用意し伯父の家へ行きました。

急とはいえ出席しなければならないことばかりで、ひと月の内にかなりの出費をしてしまいましたが、カードで借りることが出来たからこそ何とか用意することが出来、後はこれ以上使わないよう気をつけて毎月払って、少しでも早く完済したいと思います。