キャッシングで在籍確認はどんなことをするの?

在籍確認、という言葉をご存知でしょうか。

キャッシングを申し込んだ際に、よくある手続きの一つで「申し込んだ貴方が本当にその企業に【在籍】しているかの【確認】」になります。

基本的には在籍確認には、自分の勤務地の電話番号を記載すべきです。

仮に仕事用とプライベート用の携帯電話が分かれていたとして、所詮携帯電話は個人に付随する可能性が高いので、在籍確認としては望ましくありません。

特に、公式HP等を展開していて、代表電話番号がある会社は外線番号がないわけがありません。

そのため、自分の仕事用の携帯電話番号でなく、会社の外線番号を正しく伝えるようにしましょう。

基本的にキャッシングの契約とは「申込者と貸付会社の信頼関係」で出来ています。

そのため、在籍確認の電話番号で不安がある場合、「まぁ、いっか」と思って番号を登録するのではなく、貸付会社にきちんと確認したうえで、電話番号を登録するのがよいでしょう。そうしなければ、「偽装する恐れあり」と認識されてしまい、審査が通りにくくなってしまいます。

キャッシングを会社に知られたくない場合でも、大丈夫です。基本的には個人名で掛かってきますので、会社にばれることはありません。

楽天銀行スーパーローンを利用する時に注意するポイント

スマートフォンの普及によりネットキャッシングが主流になってきたので銀行のカードローンも大手よりネット銀行を利用する人が増えてきています。特に利用者が増えているのが楽天銀行が提供するカードローンのサービスの楽天銀行スーパーローンです。楽天銀行スーパーローンは申し込みがインターネットのみという事でスマートフォンだけで手続きをする事が出来てしまいます。しかも低金利に設定されていて収入のない専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば利用する事が出来ます。いろいろな人がメリットに感じる楽天銀行スーパーローンですが、注意するポイントもあるのでしっかり把握しておきましょう。

楽天銀行スーパーローンは審査が即日回答と宣伝しているので即日融資を受ける事が出来ると思ってしまう人が多いです。しかし混雑の影響などで数日かかってしまうのが現状で融資可能になるのも数日後になります。即日融資を受けるのは難しいので楽天銀行スーパーローンを利用する時は時間に余裕を持って申し込みをした方がいいでしょう。

楽天銀行スーパーローンは在籍確認が必須になっているので勤務先が休みの日に申し込んでしまうと在籍確認が出来なくなり融資可能になるまで時間がかかってしまいます。なるべく早く融資を受けたい人は勤務先が休みではない日に申し込むようにしましょう。

主婦でもキャッシングは出来るのか

主婦といっても専業主婦なのかパートタイマーでも収入があるのかによってキャッシングができるのかどうかが違ってきますから注意しましょう。消費者金融系であればどうしても総量規制がありますから、それはしっかりと守る必要があります。

つまりは、専業主婦は収入がないので貸すことができない、という状況なのです。しかし、例外的な方法がないわけではないです。その方法としてあるのが配偶者貸付になります。配偶者貸付とは配偶者の許可、同意を得てその伴侶の収入も総量規制に組み込むことができる、というやり方になります。

これならば専業主婦でもキャッシングを利用することができるようになります。ちなみに総量規制外である銀行系のカードローンであればこれは問題なく専業主婦でも貸してくれる可能性はあります。あくまで可能性ではありますから、注意しましょう。

要するに貸してくれるのかどうか、とは相手が決めることであり、こちらの意向は関係ないのです。パートタイマーの主婦であり、他に借金をしていないのであれば主婦であろうとも借りることができる可能性は高いでしょう。総量規制さえクリアしていれば基本的には貸し付けること自体には問題はないのです。

他社との合計額が限度額になる

キャッシングで借りる事ができる金額には、限度はあります。無制限の金額で借りれる訳ではありませんので、注意が必要です。いわゆる利用限度額になります。

ところでその限界金額は、既に借りている金額のトータルに左右される一面があるのです。他の会社にてお金を借りているとなると、金額が低くなるケースも見られます。

例えば現在の年間の所得は、200万円だとします。それである会社で申し込みをした時は、最大60万まで借りれるケースが目立ちます。日本には総量規制というルールがあるので、最大値は30パーセントに限定されているからです。

ところが人によっては、その金融会社で申し込みをしている時に、すぐに別の会社で借りているのです。仮にその金額が10万円だとします。その場合は、上記の金融会社にて借りる事ができる金額は、50万円に限定される事になるのです。つまり限度額は、50万円という事になります。

このようにキャッシングで借りる事ができる金額は、他の会社とのトータルの数値によって算出される訳ですね。金融業界には、いわゆる情報共有のシステムがあります。他の金融会社との情報が共有できるので、上記のようなシステムが実現できる訳です。

消費者金融の審査はゆるいです。

消費者金融の審査は、比較的緩いです。

個人情報の乗っている確認書があればよく運転免許所、保険書、学生書、今ではマイナンバーでもよくなるので借りやすくなることです。

無職の人は難しいかもしれませんが、学生でもバイトの収入で消費者金融の審査が通りますので少し借りたい人などは考えてみるとよいですね。

年金受給者でも借りることができます、やはり一定の収入があることだ最低条件だと思います、金額が多いか少ないのかではなく収入があるかないかが審査の分かれ目ですのですね。

このように消費者金融の審査は、比較的受かりやすいのが特徴です、でもやはり身の丈に合った金額を借りるのが無難です、そうしないと返済の金額が増えすぎてしまい腹へなくなる恐れが出てきますので多く借りるのはよくないですね。

いくら審査が受かりやすいと言え多くの金融会社のカードを作るのはよくないですね、なぜならばあちこち借りるとわからなくなってしまい支払いが困難になってしまう恐れが出てきますのでいくら審査が受かりやすいと言えあちこちのカードを持つのはよくないです。

このように審査が受かりカードを作りそしてお金を借りるのはよいですが計画的に借りるようにしておく方が無難だと思います。

キャッシングの審査では子供の有無や人数も重要

キャッシングにおいて、いろいろな属性に関する情報が審査にかかわってきます。年収や勤続年数などのよくある要素もそうですけど、既婚か?未婚か?というのも大きいですね。

結婚している人は独身の人よりも審査にでは優遇されることが多いです。ただ、結婚をしていても子供がいるか?いないか?ではまた違ってきます。会社によるところもあるのですが、どちらかというと子供がいない方が審査に通りやすいかもしれません。それはどうしてか?というと、子供がいる家庭は、それだけ教育にかかるお金が発生するためです。

借り入れ金額にもよりますし、年収にもよりますが、子供がいる家庭はそれだけいない家庭と比べても出費が多くかかるということを意味するため、どうしても審査のときにそこが影響してしまうことはあります。そして、当然子供の人数が多ければ多いほど、それだけお金は多くかかるわけですね。さらに細かく見ると、学校が公立か?私立か?というのでも違いますし、通っている学校は小学校か、大学か?とかでもやっぱりかかるお金は変わってきますよね。

子供がいるというのは、キャッシングの審査においてはかなり大きな意味を持つと思った方が良いでしょう。子供がいてキャッシングを利用される方もたくさんいるので、そんなに気にすることでもないかもしれません。借り入れ金額と年収、そして子供にかかっている金額などを考慮して問題ないと判断されれば、審査に通りますからね。

学生がキャッシングを利用するのに必要なポイント

学生というのは身分であり、職業ではありません。その為、当然ながら学生であることが収入源に繋がることはないのです。とはいえ、学業の傍らでアルバイトをして収入を得ている学生の方もたくさんいます。このように自力で収入を得ている学生なら、消費者金融などでキャッシングを利用することが出来るかもしれません。

キャッシングの審査通過に必要なのは、主に年齢と収入です。学生であっても20歳以上の方でアルバイト等の収入があれば、問題なく審査に通過できるケースは珍しくありません。20歳未満の学生の場合は自身の名義でお金を借りるには保護者の同意書が必要になるのが一般的ですが、この場合でも学生だからという理由で絶対に借りられないということはありません。とは言え、やはり学生の収入は少なく、安定性も低いと言わざるを得ません。その為一般的なサラリーマンに比べると融資される金額も少なめです。

学生も何かとお金がかかることが多く、キャッシングの必要が生じるケースも少なくないでしょう。しかしながら学生の本分は学業であり、アルバイトは学業に支障が出ない範囲で行われているのが普通です。アルバイトによる限られた収入に対して審査が行われて融資額が決定されるわけですが、無理なく返済をしていく為には、しっかりと余裕を持った返済計画を立ててからキャッシングを利用するようにしましょう。