ローンの借り換えで受けられるメリットとは?注意しなければ問題の先送りに!

ローンを借り換えするメリットは、複数の返済先を1つに絞れることと、金利条件が下がり総返済額が減少することです。

ですが、『毎月の返済を楽にする』といった商品説明や口コミ、考え方は問題を先送りする行為であり、ローンを借り換えするメリットではありません。

そもそも、毎月の返済額が減った分、元本の減少率は明らかに低下してしまいます。
結果として、低い金利のローンに変更出来たとしても、効果はいま一つです。

さらに注意しなければならないのが、完済までの期間を先送りにすることには限界があります。
つまりは、年齢的な問題と将来給与収入が無くなるということです。

若いうちに借り換えローンを利用する場合、毎月の返済額の負担は軽減出来ます。
ですが、40代、50代となった場合、完済までのタイムリミットが短くなるため、借り換えローンを行う場合には毎月の返済負担が増大しないよう、注意する必要があります。

全く知名度のない貸金業者を利用する際の注意点

属性に不安があり大手金融機関では借りられないと思っている方は、中小の貸金業者を選択肢に入れるべきです。
中小の貸金業者は大手のように画一的な審査ではなく、独自の審査方法により甘めの審査となる傾向にあります。
例えば大手では自己破産された方は最長10年間はブラック入りしてしまいますが、中小の貸金業者なら現在返済能力があると判断できたら貸し付けます。

しかし貸金業者の規模が小さくなるほど知名度がないために、信用できる会社かの判断が難しくなるのは事実です。そんな時は貸金業者の登録番号をチェックすればいいのです。
貸金業者は1つの都道府県で営業をするには都道府県知事の、2つ以上の都道府県で営業するには財務局長の登録が必要です。貸金業者のホームページの会社概要などに登録番号が載っています。

ちなみに「大阪府知事 (3) 第~号」などと書かれていて、数字は3年間違反がなければ更新されていくので、数字が大きいほど信頼できる貸金業者であることが分かるのです。
しかし悪徳な貸金業者は、この登録番号を勝手に適当に書いて載せてある場合があります。ですからあまりにも聞いたことない貸金業者なら、金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページでチェックできます。
登録番号を打ち込んで登録の確認が取れたら、ひとまず安心です。

クレジットカードのキャッシング枠で注意したいことは?

キャッシングと言えば、銀行や消費者金融のカードローンが便利であり、低い金利や高い限度額で契約出来る可能性があります。その一方で、少額融資ならクレジットカードのキャッシング枠は万が一の際に利用出来るため、契約する際に10万円の枠を設定すらことは少なくありません。クレジットカードのキャッシング枠が、総量規制の対象となるデメリットは浸透しているものの、別のデメリットに注意するの必要があります。

実は、クレジットカードのキャッシング枠で落とし穴になりがちなのは、返済方法です。契約上、翌月のカード支払で一括返済となることや一括返済だと考えていたら、リボ払いだったということがあります。そのため、予想していない金額が請求され、現金が足りなくなるリスクや返済金額が利息で割高になるリスクがあります。

そのため、クレジットカードを利用してキャッシングする際は予め、返済方法がどのようなものか確認しておく必要があります。

また、クレジットカードの支払が口座から自動引き落としの場合、無駄に利息を払うことになります。そのため、少しでも利息を抑えたいのであれば、毎月の締め日までにコンビニATMから返済してしまうことがおすすめです。

クレジットカードのキャッシング枠は便利なものの、注意しなければ負担が増えてしまいます。

キャッシングの申込みをしようと思った時に考えること

キャッシングを初めて利用しようと思った時には少し気を付けなといけない事があります。

それは自分がキャッシングの申込みをして本当にお金を借りる事ができるかという点です。

なぜなら、実際にキャッシングを利用しようと思った時には申込みをしても中にはどこに申込んでも全く審査に通らない場合があるからです。ですが、意外とその事に全く気付かずに手当たり次第にキャッシング会社に申込みをしてお金を借りようとする事が普通にあるからです。

では、実際にキャッシングの申込みをしようと思った時はどういう事を考える必要があるかというと、それには自分がそれまで自分がどこかに借金をしていた状態で返済が遅れたような事がないかというのがポイントになります。

これは単に同じようにキャッシング会社からお金を借りた時の話だけでなく

例えばクレジットカードの支払いを滞納した事があるという人は要注意です。

たまにクレジットカードを使って買い物をしておきながらその支払いの平気で滞納して

おきながらキャッシングの申込みをしてお金を借りようとする人がいますが、クレジットカードも借金して物を購入しているのでこれの支払いを滞納していた場合はキャッシングの審査に通らないと思った方が良いです。

もちろん、例外もありますが多くは難しいので気を付けないといけないです。

銀行カードローンだからといって安心ということは間違い!

銀行カードローンは金利が低いとイメージがあるだけでなく、消費者金融のカードローンに比べ安心というイメージ強くあります。これは、かつて消費者金融がサラ金と言われ、厳しい取り立てだけでなく、多くの自己破産者を出してしまったことが起因しています。しかし、実際のところ、銀行カードローンと消費者金融のカードローンにおけるリスクは殆ど変わりません。そもそも、銀行カードローンの殆んどは保証会社へ保証委託を行っており、万一、返済不能となった場合、保証会社が損害金を補填することになります。

しかし、消費者の受けるリスクとして、個人信用情報に事故履歴が登録されること、債権回収株式会社が取り立てを行う点で消費者金融からの借り入れリスクと差がありません。むしろ、銀行カードローンのリスクはそれ以外の点にあり、銀行口座を凍結されてしまう可能性や当該の銀行とその後の取引が行い難くなるという点です。特に地方銀行の場合、メインバンクとする銀行が限定されてしまい、生活面での不便さが出るということに繋がってしまいます。銀行カードローンは、消費者金融以上のリスクを伴うため、借り入れを行う際はしっかりと返済計画を立てることが重要になります。もし、将来的なリスクを分散するのであれば、生活圏内でメインバンクとなり得る銀行は申し込みを避けるのがおすすめです。

利用実績の多い無利息のカードローン

無利息で利用できるカードローンは、利用される実績が多くなりつつあるのではないかと推測されています。
以前よりも多くの金融機関から、このようなタイプのカードローンが展開されるようになってきており、利用する人が断続的に増加しているのではないでしょうか。
多目的に利用される点も、特徴的な側面となっています。

最近では、無利息でカードローンの利用できる条件にある人が増えてきており、このような傾向が如実になっています。
積極的にこうしたタイプのカードローンを利用して、目的を果たすことが推奨されていると言えるのではないでしょうか。
これからも無利息カードローンは、より多くの人たちから利用されていくことが見込まれています。

銀行ローンの特徴としてあること

銀行からのローンは目的ローンがメインになっているでしょうが、銀行ローンでカードローンも相当に増えています。銀行でもそうした個人に対する信用貸しも物凄く増えています。銀行系のカードローンの特徴としてあるのが、総量規制が引っかからないことです。この総量規制とは業者側に対する規制であり、年収の三分の一までしか貸してはいけない、というものであり、これが貸金業法に入っています。つまりは、銀行は銀行法が適用されることになりますから、これの適用外となっているのです。また、これも銀行によって違うともいえるのですが傾向としては銀行系のほうが金利が安いことが多いです。

そうした意味ではキャッシングのような形でお金を借りるのであればできれば銀行系のカードローンにしたほうがよいでしょう。カードローンにはまずは審査がある点においてキャッシングとはほぼ同じになります。ですが、返済が分割でよいとか融資可能の限度額がはっきりとしている、ということがあります。かなりキャッシングとの境が薄くなっていることは確かですが、銀行のカードローンは金利が低め、銀行なので安心できる、といった特徴がありますから人気になっているわけです。

日曜日に3万円を即日借り入れる方法

例えば今日が日曜日の午前中で、「ワイドナショー」を見ているとします。そこへ友人から「今晩ホテルでコンパをするから来ない?」と誘われたとします。しかしあいにく給料日前で手持ちのお金がなく、貯金もありません。でもどうしても参加したいので、金融機関でお金を借りて参加することに決めました。そこで日曜日に即日融資を受ける方法を紹介します。

いくらホテルのレストランでも、3万円もあれば足りるでしょう。日曜日でも、大手消費者金融なら即日審査が可能です。そこで一番審査通過率が高いと言われるアコムに、スマホから申し込みましょう。すると受付確認のメールがあり、仮審査が行われます。仮審査に通過したら本人確認やお金の使い道、借り入れについてなどの確認や説明が行われます。そして本人確認書類を提出しますが、自動契約機で提出するのが最速です。

その後自動契約機に向かいます。画面の「事前申し込みのある新規ご契約」をタッチして指示に従います。照合が済んだら持参した本人確認書類をスキャンします。するとスピーカー越しに本人確認や説明を受け審査に入ります。他社から借り入れがなく、ローンの返済に遅れたことがないなら、問題なく通過するでしょう。この間に職場への在籍確認の電話連絡が行われます。これが済まないと当日中の借り入れはできません。問題なければ30分ほどで審査通過のアナウンスが流れ、最終契約し、カードを発行します。あとは併設のATMから3万円キャッシングすればOKです。

「ワイドナショー」を見終わってから申し込んでも、午後2時には3万円が借り入れできているでしょう。

専業主婦が消費者金融を利用する時の配偶者貸付について

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。総量規制の影響によって収入のない専業主婦は基本的に消費者金融を利用する事が出来ません。しかし消費者金融によっては配偶者貸付の制度を受け付けているので専業主婦が利用する事が出来る場合もあります。そこで専業主婦が消費者金融を利用する時の配偶者貸付について見ていく事にしましょう。

配偶者貸付とは配偶者である夫の収入を夫婦の収入とする制度で利用すると専業主婦でも消費者金融でお金を借りる事が出来ます。しかし通常のキャッシングをする時とは異なる点があるのでしっかり把握しておく必要があります。通常のキャッシングをする時は本人確認書類と収入証明書が必要書類となりますが、配偶者貸付を利用して専業主婦がキャッシングをする時は住民票など配偶者との婚姻関係を証明する書類や配偶者の同意書も提出しなければいけません。通常のキャッシングをする時より必要書類が多くなるのでしっかり準備しておきましょう。

配偶者貸付を受け付けている消費者金融は主に中小になってしまいます。中小の消費者金融は大手に比べて貸付条件が厳しくなる事が多いので計画的のお金を借りるようにしましょう。