アルバイトでもキャッシングが可能なの?

アルバイトをしているフリーターでもキャッシングができるのでしょうか。一般的にキャッシングの審査は銀行は厳しく、消費者金融の方がわりと柔軟に対応してくれることが多いので、もしアルバイトでキャッシングを申し込む場合は消費者金融一本で申し込みをした方が良いでしょう。アルバイトですと毎月まとまった収入が無いという場合でも、その収入額よりも安定して月収入があるかどうかが審査時のポイントになるので、きちんと仕事を続けていることが重要なのです。

雇用形態がアルバイトであるか正社員であるかにかかわらず、キャッシングに通過するためには本人確認書類の提出が必須となります。その場合は運転免許証か健康保険証などの確認書類を準備して消費者金融の公式サイトから手続きを進めるようにしましょう。また収入証明は50万円以下のキャッシング申請なら特に請求されることはありません。ですから最初から50万円以上のキャッシングを利用するのではなく、あくまでも自分できちんと無理なく返済していける金額でのキャッシングの申し込みをすることをおすすめします。

このようにたとえアルバイトの身分だとしてもコツさえ押さえておけば消費者金融のキャッシングの審査通過できる可能性は非常に高いので、諦めずに申し込んでみましょう。

学生がキャッシングローンを行う際の注意点

学生でも急なお金を要する場合ってありますよね。
そこでキャッシングローンを利用するという手があります。
しかし学生でもキャッシングローンでお金を借りることができるのでしょうか。

答えは原則、20歳以上でアルバイトなどで収入を得ている学生であれば可能です。
一般的に成人していて安定収入のある方が審査対象ですので、学生であっても一定の収入さえあれば大丈夫なのです。
当然、アルバイトをしていない学生であれば厳しいと言えますね。
では親の仕送りをしてもらっている学生はどうなのでしょうか。
仕送りは基本的に収入とみなさず、どこの会社でも審査対象外とされるところが多いそうです。
ですので、アルバイトなどで収入を得ていることが絶対条件となるのです。

また親に内緒でお金を借りたい場合、親の同意が必要なのかも気になるところですよね。
こちらは基本的に親の同意は必要なく、学生であっても成人なのでそのようなことは行わないそうです。
しかし一部の会社では行うこともあるそうなので、心配な方は事前に確認するのが一番ですね。
また親の連絡先はどこの会社でも聞かれると思っておいていいでしょう。
これはもし本人の返済が滞った場合、そして本人に連絡がつかない場合の最終手段なので基本的に親に連絡がいくことはないですね。

以上が学生がキャッシングローンを行う場合の注意点でした。

キャッシング審査で職場への電話が不安な方へ

クレジットカードなどを利用してキャッシングを検討されている方の不安の1つが、職場への在籍確認の電話でしょう。

職場へクレジットカード会社などから電話が来るというのはあまり知られたくない情報とも言えますよね。

そんな不安な方に、実際に電話が来た場合はどのような内容を話しているのかを紹介したいと思います。

在籍確認は消費者金融やカード会社からすると確認しておきたい事項の1つです。

虚偽はないのか、本当に働いているのかなどは重要なものです。

しかし「自分がキャッシングしようとしていることを知られるのではないか?」という点が非常に気になりますよね。

そんな不安を抱えている方も多いと思いますが、実はほとんどの場合バレてしまうことはありません。

というのも、第3者以外に借入のことを知らせることは法律上禁止されているため、その点を十分配慮してくれます。

大抵の場合は個人名で電話をかけることがほとんどですが、本人から要請があった場合はサービスセンターなどの名前を名乗ってくれることもあります。

中には「親戚で近くまで来たが、家が不在のようだったので…」といった内容で電話をしてくれるところもあります。

また本人が不在だとしても、在籍していることが分かればそれで終了となるため、「また電話します」と切ってそれで終了となります。

余計なことは一切話しませんし、キャッシングを行うことがバレることもほとんどないため、安心して良いでしょう。

カードローンの特徴としては

カードローンというのは最初にカードを発行してもらって、そのときに限度額を決めてもらう方式の融資の方法になります。

あくまで個人に対する信用貸しになりますから、担保などは取ることがないです。

ですから、金利も基本的には様々なお金の貸し方の中で最も高くなる可能性が高いといっても過言ではないでしょう。

しかし、最も身近な金融サービスといえることも確かであるといえます。

事前にカードを発行してもらっておくことができるのであればいつでも使える資金源として活躍してくれることでしょう。

最初から融資可能額と考えられる金額が上限を設定されるわけではなく、徐々に使っていくうちに高くなる、ということになります。

信用が大事ですから返済の実績などがあるとよいわけです。

キャッシングの返済における利息額の計算方法

キャッシングを利用した場合にはほとんどすべての人が金利を比較することでしょう。金利が高ければ利息額が多く、逆に金利が低ければ利息額が少なくなることは誰にでもわかります。しかし、実際にキャッシングをした場合に利息額が金利によってどのくらいの違いができるかをしっかりと把握している人はそれほど多くないのではと思われます。

キャッシングの利息額はキャッシングで借りた借入元本に金利を乗じてそれを一年間の日数である365で割り、最後に借入日数を乗じたものが利息になります。

例えば、10万円を金利18%でキャッシングして30日後に一括返済するとすれば、10万円×0.18(%)÷365(日)×30(日)となります。1479円が利息となり、借入元本の10万円を足した10万1479円を返済しなくてはならないということです。

同じように10万円を金利15%でキャッシングして30日後に一括返済するとすれば、10万円×0.15(%)÷365(日)×30(日)となり、1232円が利息となり、借入元本の10万円を足した10万1232円を返済すべきということになります。

このことからもいかに安い金利でキャッシングを利用することの重要性がわかるでしょう。

ローンの借り換えで受けられるメリットとは?注意しなければ問題の先送りに!

ローンを借り換えするメリットは、複数の返済先を1つに絞れることと、金利条件が下がり総返済額が減少することです。

ですが、『毎月の返済を楽にする』といった商品説明や口コミ、考え方は問題を先送りする行為であり、ローンを借り換えするメリットではありません。

そもそも、毎月の返済額が減った分、元本の減少率は明らかに低下してしまいます。
結果として、低い金利のローンに変更出来たとしても、効果はいま一つです。

さらに注意しなければならないのが、完済までの期間を先送りにすることには限界があります。
つまりは、年齢的な問題と将来給与収入が無くなるということです。

若いうちに借り換えローンを利用する場合、毎月の返済額の負担は軽減出来ます。
ですが、40代、50代となった場合、完済までのタイムリミットが短くなるため、借り換えローンを行う場合には毎月の返済負担が増大しないよう、注意する必要があります。

全く知名度のない貸金業者を利用する際の注意点

属性に不安があり大手金融機関では借りられないと思っている方は、中小の貸金業者を選択肢に入れるべきです。
中小の貸金業者は大手のように画一的な審査ではなく、独自の審査方法により甘めの審査となる傾向にあります。
例えば大手では自己破産された方は最長10年間はブラック入りしてしまいますが、中小の貸金業者なら現在返済能力があると判断できたら貸し付けます。

しかし貸金業者の規模が小さくなるほど知名度がないために、信用できる会社かの判断が難しくなるのは事実です。そんな時は貸金業者の登録番号をチェックすればいいのです。
貸金業者は1つの都道府県で営業をするには都道府県知事の、2つ以上の都道府県で営業するには財務局長の登録が必要です。貸金業者のホームページの会社概要などに登録番号が載っています。

ちなみに「大阪府知事 (3) 第~号」などと書かれていて、数字は3年間違反がなければ更新されていくので、数字が大きいほど信頼できる貸金業者であることが分かるのです。
しかし悪徳な貸金業者は、この登録番号を勝手に適当に書いて載せてある場合があります。ですからあまりにも聞いたことない貸金業者なら、金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページでチェックできます。
登録番号を打ち込んで登録の確認が取れたら、ひとまず安心です。

クレジットカードのキャッシング枠で注意したいことは?

キャッシングと言えば、銀行や消費者金融のカードローンが便利であり、低い金利や高い限度額で契約出来る可能性があります。その一方で、少額融資ならクレジットカードのキャッシング枠は万が一の際に利用出来るため、契約する際に10万円の枠を設定すらことは少なくありません。クレジットカードのキャッシング枠が、総量規制の対象となるデメリットは浸透しているものの、別のデメリットに注意するの必要があります。

実は、クレジットカードのキャッシング枠で落とし穴になりがちなのは、返済方法です。契約上、翌月のカード支払で一括返済となることや一括返済だと考えていたら、リボ払いだったということがあります。そのため、予想していない金額が請求され、現金が足りなくなるリスクや返済金額が利息で割高になるリスクがあります。

そのため、クレジットカードを利用してキャッシングする際は予め、返済方法がどのようなものか確認しておく必要があります。

また、クレジットカードの支払が口座から自動引き落としの場合、無駄に利息を払うことになります。そのため、少しでも利息を抑えたいのであれば、毎月の締め日までにコンビニATMから返済してしまうことがおすすめです。

クレジットカードのキャッシング枠は便利なものの、注意しなければ負担が増えてしまいます。

銀行ローンの特徴

銀行ローンというと、メガバンクや地方銀行等が提供するカードローンになります。
一般的には消費者金融と異なる点としては、総量規制の対象外であること、限度額が高く、金利が低く、審査に多少時間がかかると言われてはいます。
しかしながら、それは個人のクレジットヒストリーや年収等の状況で異なりますが、万人に共通するメリットを2点ご紹介します。
まず、一つ目はカードです。銀行が発行するものですので、一見通常のキャッシュカードと見分けがつきません。
そして、銀行からローンをするのと、消費者金融でローンをすることでは本質的には違いはありませんが、心情的には銀行から借り入れする方が響きは良いです。
2点目はATMです。他のお客さんと同様に利用できますので、ATM利用のハードルがとても低いです。

キャッシングの申込みをしようと思った時に考えること

キャッシングを初めて利用しようと思った時には少し気を付けなといけない事があります。

それは自分がキャッシングの申込みをして本当にお金を借りる事ができるかという点です。

なぜなら、実際にキャッシングを利用しようと思った時には申込みをしても中にはどこに申込んでも全く審査に通らない場合があるからです。ですが、意外とその事に全く気付かずに手当たり次第にキャッシング会社に申込みをしてお金を借りようとする事が普通にあるからです。

では、実際にキャッシングの申込みをしようと思った時はどういう事を考える必要があるかというと、それには自分がそれまで自分がどこかに借金をしていた状態で返済が遅れたような事がないかというのがポイントになります。

これは単に同じようにキャッシング会社からお金を借りた時の話だけでなく

例えばクレジットカードの支払いを滞納した事があるという人は要注意です。

たまにクレジットカードを使って買い物をしておきながらその支払いの平気で滞納して

おきながらキャッシングの申込みをしてお金を借りようとする人がいますが、クレジットカードも借金して物を購入しているのでこれの支払いを滞納していた場合はキャッシングの審査に通らないと思った方が良いです。

もちろん、例外もありますが多くは難しいので気を付けないといけないです。