銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの比較

銀行と消費者金融のカードローンを比較した場合、最も大きな違いは金利です。一般的なカードローンの利用には最高金利が適用されますが、銀行の最高金利が14.5~18%なのに対し、消費者金融は18~20%となっています。大手銀行のカードローンの金利は14.5%前後なので、50万円借りた場合は、年間の利息に2万円ほどの差が出てくることになります。

もう一つの気になる違いがATMの利用手数料です。銀行の場合は、自行のATMはもちろん、提携銀行やコンビニのATMも手数料が無料ですが、消費者金融の場合は、提携先のATM手数料は原則有料です。

カードローン利用に必要な経費を考えると、銀行の方がかなりお得になりますが、消費者金融のカードローンにも大きなメリットがあります。それは、審査がスピーディで即日融資が可能だということです。

急いで借りたいので、少々金利が高くても消費者金融を選ぶ、という人もいるようです。大手消費者金融では、初めての契約に限り30日間無利息サービスを行っているところもあるので、うまく利用すれば利息を抑えることもできます。