総量規制対象外のカードローンの審査のポイント

カードローンの契約には必ずに審査があります。審査の基準は金融機関によって違うのですが、法律によって規制されている内容もあるのです。その1つが総量規制による、貸し付け額の規制です。消費者金融のカードローンは、この総量規制の対象となるため年収の3分の1以上の額を借りることができません。

消費者金融であっても借り換え専用のローンは総量規制対象外となります。また、銀行カードローンも総量規制対象外となります。ただし、総量規制対象外だからと言って年収の3分の1以上の借り入れができる、年収の確認をせずに審査に通るわけではありません。一般的には銀行カードローンの審査の方が厳しい傾向にあると言われており、客観的に見て返済できる額かどうかの審査は厳密にされます。必要最低限の額で申し込む、他の借り入れがある場合にはできるだけ返済しておくなどが審査のポイントになります。