消費者金融の審査で確認にする信用情報に金融事故の履歴が残る理由は?

消費者金融は審査で信用情報を確認します。信用情報には過去にクレジットカードやキャッシングなど金融取引をした時の履歴が残っているので消費者金融の審査の可否に参考にしています。それで金融事故と呼ばれる履歴が残っていると審査に落ちてしまいますが、どのような事をすると金融事故として履歴が残ってしまうのか確認していきましょう。

・長期延滞

クレジットカードやキャッシングなどを利用した時は返済期日まで返済しなければいけません。それで返済期日を過ぎても返済していないと電話や書面で連絡が来るのでそこで返済すれば問題ありません。しかしそれでも支払いをしないで長期延滞をしてしまうと信用情報に金融事故の履歴が残ってしまいます。目安としては2ヶ月以上の延滞となるので注意しましょう。

・強制解約

クレジットカードやキャッシングをする時に利用規約があるので契約する時に同意します。しかし同意したのに規約違反をしてしまうと業者から契約を打ち切られてしまいます。それで信用情報に金融事故の履歴が残ってしまうので注意が必要です。

・債務整理

キャッシングをした時に無理な借り入れをして返済が困難になると減額や免除の手続きをする必要があります。この手続きを債務整理と呼ばれていて信用情報に金融事故の履歴が残ってしまいます。債務整理をした事がある人は消費者金融の審査に落ちてしまいます。

信用情報に金融事故の履歴が残る理由はこのようにあるので消費者金融の審査を受ける前にしっかり確認しておきましょう。