カードローンの特徴としては

カードローンというのは最初にカードを発行してもらって、そのときに限度額を決めてもらう方式の融資の方法になります。

あくまで個人に対する信用貸しになりますから、担保などは取ることがないです。

ですから、金利も基本的には様々なお金の貸し方の中で最も高くなる可能性が高いといっても過言ではないでしょう。

しかし、最も身近な金融サービスといえることも確かであるといえます。

事前にカードを発行してもらっておくことができるのであればいつでも使える資金源として活躍してくれることでしょう。

最初から融資可能額と考えられる金額が上限を設定されるわけではなく、徐々に使っていくうちに高くなる、ということになります。

信用が大事ですから返済の実績などがあるとよいわけです。