キャッシングの返済における利息額の計算方法

キャッシングを利用した場合にはほとんどすべての人が金利を比較することでしょう。金利が高ければ利息額が多く、逆に金利が低ければ利息額が少なくなることは誰にでもわかります。しかし、実際にキャッシングをした場合に利息額が金利によってどのくらいの違いができるかをしっかりと把握している人はそれほど多くないのではと思われます。

キャッシングの利息額はキャッシングで借りた借入元本に金利を乗じてそれを一年間の日数である365で割り、最後に借入日数を乗じたものが利息になります。

例えば、10万円を金利18%でキャッシングして30日後に一括返済するとすれば、10万円×0.18(%)÷365(日)×30(日)となります。1479円が利息となり、借入元本の10万円を足した10万1479円を返済しなくてはならないということです。

同じように10万円を金利15%でキャッシングして30日後に一括返済するとすれば、10万円×0.15(%)÷365(日)×30(日)となり、1232円が利息となり、借入元本の10万円を足した10万1232円を返済すべきということになります。

このことからもいかに安い金利でキャッシングを利用することの重要性がわかるでしょう。