クレジットカードのキャッシング枠で注意したいことは?

キャッシングと言えば、銀行や消費者金融のカードローンが便利であり、低い金利や高い限度額で契約出来る可能性があります。その一方で、少額融資ならクレジットカードのキャッシング枠は万が一の際に利用出来るため、契約する際に10万円の枠を設定すらことは少なくありません。クレジットカードのキャッシング枠が、総量規制の対象となるデメリットは浸透しているものの、別のデメリットに注意するの必要があります。

実は、クレジットカードのキャッシング枠で落とし穴になりがちなのは、返済方法です。契約上、翌月のカード支払で一括返済となることや一括返済だと考えていたら、リボ払いだったということがあります。そのため、予想していない金額が請求され、現金が足りなくなるリスクや返済金額が利息で割高になるリスクがあります。

そのため、クレジットカードを利用してキャッシングする際は予め、返済方法がどのようなものか確認しておく必要があります。

また、クレジットカードの支払が口座から自動引き落としの場合、無駄に利息を払うことになります。そのため、少しでも利息を抑えたいのであれば、毎月の締め日までにコンビニATMから返済してしまうことがおすすめです。

クレジットカードのキャッシング枠は便利なものの、注意しなければ負担が増えてしまいます。