専業主婦でもOKのキャッシング契約には注意が必要!

専業主婦でも、契約が可能なキャッシングについては注意が必要であり、『配偶者貸付に該当する・しない』を確認する必要があります。

そもそも、配偶者貸付とはどんなものかというと、貸金業法が適用され、総量規制の例外となるものです。制度としては、『配偶者と併せた年収の1/3以下』の借入が出来るものです。

銀行カードローンやフリーローンの場合、銀行法が適用され、配偶者貸付には該当しません。一方、貸金業者から専業主婦でも借り入れ出来るものが配偶者貸付に該当し、契約する際は『配偶者の同意』が必要となります。つまり、内緒でのキャッシング契約が出来ないということになります。また、契約をする際は本人確認書類意外に婚姻関係を証明する書類や収入証明書類が必要となるため、手続きに手間もかかります。

単純に専業主婦でも借り入れ出来ると考え、契約申し込みを行うのは危険であり、配偶者の信用情報も開示されることとなります。さらに、配偶者の信用情報も影響する、または信用情報に影響を与えることとなるため、契約する際は注意が必要になります。

結果、自分自身の信用情報に於いて借り入れを行うのであれば、銀行系のローン商材が非常にリスクの少ないものとなります。

楽天銀行スーパーローンを利用する時に注意するポイント

スマートフォンの普及によりネットキャッシングが主流になってきたので銀行のカードローンも大手よりネット銀行を利用する人が増えてきています。特に利用者が増えているのが楽天銀行が提供するカードローンのサービスの楽天銀行スーパーローンです。楽天銀行スーパーローンは申し込みがインターネットのみという事でスマートフォンだけで手続きをする事が出来てしまいます。しかも低金利に設定されていて収入のない専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば利用する事が出来ます。いろいろな人がメリットに感じる楽天銀行スーパーローンですが、注意するポイントもあるのでしっかり把握しておきましょう。

楽天銀行スーパーローンは審査が即日回答と宣伝しているので即日融資を受ける事が出来ると思ってしまう人が多いです。しかし混雑の影響などで数日かかってしまうのが現状で融資可能になるのも数日後になります。即日融資を受けるのは難しいので楽天銀行スーパーローンを利用する時は時間に余裕を持って申し込みをした方がいいでしょう。

楽天銀行スーパーローンは在籍確認が必須になっているので勤務先が休みの日に申し込んでしまうと在籍確認が出来なくなり融資可能になるまで時間がかかってしまいます。なるべく早く融資を受けたい人は勤務先が休みではない日に申し込むようにしましょう。

キャッシングサービスは即日で可能

キャッシングは今すぐに利用することが出来ますし、共に無利息サービスを利用することも可能です。必ず即日で利用したいと考えているのなら、対応している業者を利用してみてみましょう。利息ゼロで利用するには利用するための条件がありますので、クリアしておくことも重要です。もう一つの借金先として友人というのもありでしょう。

しかし、この時の注意点として、お金の貸し借りについての期限をしっかりと相談しておく事が最低のルールです。返済ができなかった事で突然蒸発したり、いつまでも借金が未納のままだと友人からの信頼も失います。借金は、きちんと全額期日までに返済するという意識がどうしても必要になります。

また、キャッシングはローンと似ているものであって混同して使用する方もいますが、厳密に相当に違うことになります。キャッシングのほうは次の月にすぐに返済をすることになります。カードローンは分割で支払うことができます。その点か大きく違うことになります。

主婦でもキャッシングは出来るのか

主婦といっても専業主婦なのかパートタイマーでも収入があるのかによってキャッシングができるのかどうかが違ってきますから注意しましょう。消費者金融系であればどうしても総量規制がありますから、それはしっかりと守る必要があります。

つまりは、専業主婦は収入がないので貸すことができない、という状況なのです。しかし、例外的な方法がないわけではないです。その方法としてあるのが配偶者貸付になります。配偶者貸付とは配偶者の許可、同意を得てその伴侶の収入も総量規制に組み込むことができる、というやり方になります。

これならば専業主婦でもキャッシングを利用することができるようになります。ちなみに総量規制外である銀行系のカードローンであればこれは問題なく専業主婦でも貸してくれる可能性はあります。あくまで可能性ではありますから、注意しましょう。

要するに貸してくれるのかどうか、とは相手が決めることであり、こちらの意向は関係ないのです。パートタイマーの主婦であり、他に借金をしていないのであれば主婦であろうとも借りることができる可能性は高いでしょう。総量規制さえクリアしていれば基本的には貸し付けること自体には問題はないのです。

返済に遅れそうな時は正直に話すこと

過去に数社からキャッシングのお世話になった事があります。

理由は当時無職で就職活動や日々の生活にどうしてもお金が必要だったからです、今となっては確実に審査は通りませんが私がキャッシングを行った当時は今と違って審査は緩く、比較的すぐにキャッシングができたものです。

数社から借りた額は少額で、最悪日雇いでもして支払って行こうと思ったのですが、すぐに就職が決まり、それ以降キャッシングは行っていません。

返済はと言うと、最初の1ヶ月はさすがにキャッシングした金額の中から返済を行いましたが、その後は毎月の給与から支払っていきました。

しかし人間ですから毎月のうっかりと支払いを忘れてしまう事だって一度や二度ではありませんでした、数日は待ってくれたものの、何日も返済が滞ると相手方から連絡が来てしまいます。

そんなとき私は下手な言い訳をしませんでした。支払い忘れをきちんと謝罪し、すぐに支払う事で事なきを得てました、最悪友人から借りて返すこともありました。

結果信用情報にキズをつける事なく数年後には完済、現在では一つを除き全て解約しました。

私の場合はそのほとんどが失念から来るものでしたが、万が一返済が遅れそうな時はその旨きちんと相手方へ連絡し、正直に遅れると言う事を話す事、これが一番大切です。

キャッシングをする時の不安を少なくする作戦

まず、信用性の高いところを探す。

銀行系なら大手の三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行など社会的に有名なところのカードローンが消費者金融より、金利はあまり変わらず返済計画をちゃんとたてれば、安心かと思われます。

借りるためだけではなく、契約だけしておいて万が一の時に頼りになるかと思います。

返済額も借りた額により、毎月1回引き落とし、または、振り込みで返済するので、クレジットカードのリボ払いと思えば少しは気が楽になるのではないか。

調子に乗って借りすぎなければ、返済できなくなる、可能性は押さえられると思われる。

買い物目的なら、大きなものなら、ローンもありますし、20万以上の買い物などなら、クレジットカードで充分な気がしますが個人の考え方にもよるので、比較したり、ちゃんと考えてお金の使い道を考えれば大丈夫かと思います。

ちなみに消費者金融は借りられる額は、銀行より多いが、毎月の利子が高いため、返済に時間がかかる可能性も出てくるし、返してもあまり減った気がしないと思われるため、プレッシャーに弱い方は手堅く銀行系をオススメします。よっぽどのことがない限り、私は銀行系のキャッシング、カードローン、クレジットカードのキャッシングをオススメ致します。

三井住友銀行のカードローンを簡潔に契約する方法

大手銀行のカードローンは他の金融機関のカードローンと比べて、利用の際の安心感がありますし、金利面でも他の金融機関の商品よりも好条件となっていることが多いので、多くの人が好んで利用するカードローンだと言えます。

特に三井住友銀行のカードローンは、利用限度額は最高で800万円と高額ですし、金利面でも年4.0%?14.5%と消費者金融のカードローンと比べるとかなりの好条件となっているので、年齢や性別に関係なく多くの人におすすめできる内容の商品となっています。

三井住友銀行のカードローンは、これだけの好条件を揃えながら、一定の条件を満たしていれば消費者金融のカードローンよりも簡潔な契約ができるので、カードローンを利用したいと考えたのならば、是非とも簡潔な方法でこの銀行のカードローンの申込をしてみてください。

簡潔な契約をするための条件とは、三井住友銀行の預金口座とインターネットバンキングの契約を予めしておいて、インターネットバンキングで申込をすること。そして利用限度額を300万円までとして申し込みをすることとなります。

この2つの条件を満たして申し込みをすれば、なんと提出書類は一切無しで来店不要で契約ができるのです。

キャッシングを申し込むならポイントサイト

皆さんはキャッシングをする場合

どこから申し込むでしょうか。

消費者金融のホームページからでしょうか。

それとも無人契約機からでしょうか。

あまり知られていませんが、実はもっとお得に申し込む方法があります。

これからその方法をお教えいたします。

といっても別に難しい何かをする必要はありません。

ポイントサイトから消費者金融にキャッシングを申し込めばよいのです。

ポイントサイトから申し込みなんて出来るのかと思われる方も

おられるでしょうが、実は出来ます。

正確に言えば、ポイントサイトからキャッシングを申し込むのではなく、

ポイントサイトから消費者金融のホームページにアクセスして申し込みをするのです。

そうすることによって、(どこのポイントサイトからどの消費者金融に申し込んだかにもよりますが)

契約が成立した場合5000円から1万円前後のキャッシュバックを受けることが出来ます。

お金を借りることでお金がもらえると言うのも不思議な話なのですが、これは事実です。

もちろんお金を借りないと、(つまり申し込みをしただけでは)キャッシュバックを受ける事が出来ませんが、

それでもお金を借りるついでにお金をもらえるのは大きいです。

ポイントサイトで申し込みをする事で得られるのは現金ではなくポイントですが、

手続きをすれば速やかに現金に変える事が出来ますので何の問題もありません。

皆さんもキャッシングに申し込みをするのなら、

ポイントサイトから申し込みをしてお得に借りたほうがよいでしょう。

他社との合計額が限度額になる

キャッシングで借りる事ができる金額には、限度はあります。無制限の金額で借りれる訳ではありませんので、注意が必要です。いわゆる利用限度額になります。

ところでその限界金額は、既に借りている金額のトータルに左右される一面があるのです。他の会社にてお金を借りているとなると、金額が低くなるケースも見られます。

例えば現在の年間の所得は、200万円だとします。それである会社で申し込みをした時は、最大60万まで借りれるケースが目立ちます。日本には総量規制というルールがあるので、最大値は30パーセントに限定されているからです。

ところが人によっては、その金融会社で申し込みをしている時に、すぐに別の会社で借りているのです。仮にその金額が10万円だとします。その場合は、上記の金融会社にて借りる事ができる金額は、50万円に限定される事になるのです。つまり限度額は、50万円という事になります。

このようにキャッシングで借りる事ができる金額は、他の会社とのトータルの数値によって算出される訳ですね。金融業界には、いわゆる情報共有のシステムがあります。他の金融会社との情報が共有できるので、上記のようなシステムが実現できる訳です。

消費者金融の審査はゆるいです。

消費者金融の審査は、比較的緩いです。

個人情報の乗っている確認書があればよく運転免許所、保険書、学生書、今ではマイナンバーでもよくなるので借りやすくなることです。

無職の人は難しいかもしれませんが、学生でもバイトの収入で消費者金融の審査が通りますので少し借りたい人などは考えてみるとよいですね。

年金受給者でも借りることができます、やはり一定の収入があることだ最低条件だと思います、金額が多いか少ないのかではなく収入があるかないかが審査の分かれ目ですのですね。

このように消費者金融の審査は、比較的受かりやすいのが特徴です、でもやはり身の丈に合った金額を借りるのが無難です、そうしないと返済の金額が増えすぎてしまい腹へなくなる恐れが出てきますので多く借りるのはよくないですね。

いくら審査が受かりやすいと言え多くの金融会社のカードを作るのはよくないですね、なぜならばあちこち借りるとわからなくなってしまい支払いが困難になってしまう恐れが出てきますのでいくら審査が受かりやすいと言えあちこちのカードを持つのはよくないです。

このように審査が受かりカードを作りそしてお金を借りるのはよいですが計画的に借りるようにしておく方が無難だと思います。