カードレスのキャッシング

キャッシングでお金を借りる時には、専用のカードが発行されますので、それを銀行やコンビニにあるATMなどに入れてお金を引き出します。

しかしながら、最近ではこのカードの発行自体を避けたいという人のニーズが高くなってきているため、「カードレス」での利用を選べるようになってきています。

このカードレスというのは、どういうことかと言うと、ネット上のページから金額を入力することで、自分の銀行口座にお金が振り込まれるということです。

カードレスで融資が受けられるメリットは、郵送されてくるものが一切ない状態になりますから、家族の人にバレなくなります。やはりキャッシングの利用が家族の人に知られるのは、郵送物が手に取られるということが引き金になりがちですから、一切の情報が来ないというカードレスが人気なのです。

そしてもう一つのメリットが、スピーディーに融資が受けられるという点です。カードの発送がありませんから、その日のうちにお金が借りられます。

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの比較

銀行と消費者金融のカードローンを比較した場合、最も大きな違いは金利です。一般的なカードローンの利用には最高金利が適用されますが、銀行の最高金利が14.5~18%なのに対し、消費者金融は18~20%となっています。大手銀行のカードローンの金利は14.5%前後なので、50万円借りた場合は、年間の利息に2万円ほどの差が出てくることになります。

もう一つの気になる違いがATMの利用手数料です。銀行の場合は、自行のATMはもちろん、提携銀行やコンビニのATMも手数料が無料ですが、消費者金融の場合は、提携先のATM手数料は原則有料です。

カードローン利用に必要な経費を考えると、銀行の方がかなりお得になりますが、消費者金融のカードローンにも大きなメリットがあります。それは、審査がスピーディで即日融資が可能だということです。

急いで借りたいので、少々金利が高くても消費者金融を選ぶ、という人もいるようです。大手消費者金融では、初めての契約に限り30日間無利息サービスを行っているところもあるので、うまく利用すれば利息を抑えることもできます。

総量規制対象外のカードローンの審査のポイント

カードローンの契約には必ずに審査があります。審査の基準は金融機関によって違うのですが、法律によって規制されている内容もあるのです。その1つが総量規制による、貸し付け額の規制です。消費者金融のカードローンは、この総量規制の対象となるため年収の3分の1以上の額を借りることができません。

消費者金融であっても借り換え専用のローンは総量規制対象外となります。また、銀行カードローンも総量規制対象外となります。ただし、総量規制対象外だからと言って年収の3分の1以上の借り入れができる、年収の確認をせずに審査に通るわけではありません。一般的には銀行カードローンの審査の方が厳しい傾向にあると言われており、客観的に見て返済できる額かどうかの審査は厳密にされます。必要最低限の額で申し込む、他の借り入れがある場合にはできるだけ返済しておくなどが審査のポイントになります。

増額申込みをするメリットとはどのようなものであるのか

消費者金融会社から借り入れをしますと、その借り入れをする事が出来る上限が決まっており、限度額として設定されています。限度額以上の借り入れをするには、消費者金融会社の場合、総限度額が年収の3分の1までに抑えるという総量規制という仕組みを導入する義務がありますので、利用者が年収を上げて新規契約をするか、増額申込みをするかのいずれかの方法を選択する必要があります。

増額申込みをするメリットは、現在使っているキャッシングサービスを継続して使いながら限度額の上限を引き上げられる事です。しかし、借り入れと返済の実績がある程度求められる為、誰でも増額してもらえるとは限りません。増額は限度額の上限を引き上げて、更にキャッシングを使い易くしてくれる仕組みです。

どのような時におまとめローンを使えばよいのか

住宅ローンやマイカーローンなどの目的別ローンは、家や車を分割で購入する時に役立つ融資サービスですが、個人向けに用途自由な融資としてはカードローンやキャッシングを使うのが一般的です。しかし、便利なカードローンやキャッシングでも複数の金融機関や消費者金融会社に借りる事で返済の手間が増えてしまう事が多々あります。返済の手間を減らすには、返済先を減らすのが一番の方法です。

返済先を減らす手段としては、おまとめローンを活用する方法があります。おまとめローンは、申込者が現在使っているキャッシングやカードローンの債務残高を完済する為の資金を貸し出してくれる融資です。この借りたお金が新たなローンとなり、実質的に返済の窓口が一つになるといったメリットがあります。

キャッシングの審査に通らない時に最初に確認すべきこと

キャッシングの審査に通らないとお金を借りることができません。まずは金融業者の審査に通ることが必要です。そして、もしキャッシングの審査に通らないということであれば、次の金融業者の審査を受ける前に確認しておくことがあります。それは、自分の信用情報です。

金融業者はキャッシングの審査の際には必ず信用情報機関の個人信用情報を最重要視して審査を行います。個人信用情報の中でも異動情報や事故情報に記載があれば、ほぼ間違いなく審査を通ることはできません。異動情報や事故情報は返済遅延や債務整理などの履歴が記載されているものですから、まずはそれらに心当たりがあるかどうかを振り替えて見る必要があります。心当たりがなければ、別の金融業者に申し込んでみましょう。

アイフルは1秒診断

アイフルは、テレビCMでもお馴染みの有名なキャッシング会社です。窓口以外にも電話やインターネットからも申し込みすることが可能です。即日融資の申し込みなら、インターネットで申し込んだ後、フリーダイヤルに電話することでより審査時間を短縮することができます。

アイフルの貸付利率は、4.5%~18.0%です。アイフルに申し込みを考えておられる方で、審査に通るのか不安になられる方もいらっしゃると思います。そんな方には、申し込み事前に「1秒診断」を利用することをお勧めします。ネットが繋がる方ならどなたでも無料で利用することができます。1秒診断は、必要事項4項目を入力するだけで融資が可能かどうか事前に知ることができるので是非利用してみてください。

キャッシング申込み時の審査について

初めてキャッシングに申し込む時に気になるのは、審査に通るかどうか、ということです。特に非正規雇用で働いている人は、本当にお金を借りることができるのか不安になるようです。

消費者金融のキャッシングは、20歳以上で定期的な収入があれば、正社員ではなくても利用可能となっているので、審査の際には、雇用形態よりも、勤続年数の方が重要視される傾向があります。非正規雇用でも、同じ職場で長く働いている人は有利になります。

キャッシングの審査で最も重視されるのは、過去に債務整理などの金融事故を起こした履歴があるかどうか、他社から既に借り入れをしているかどうか、返済を滞らせたことはないか、という点です。そのため、一度もキャッシングをしたことがなく、初めて利用すると言う人は、比較的審査に通りやすいと言われています。

アルバイトを始めたばかりでもキャッシングの審査が通るポイントは?

アルバイトがキャッシングをする時は勤続期間が長くないと審査が落ちてしまう可能性が高いと言われています。それでアルバイトを始めたばかりの人は審査に落ちてしまうのではないかと不安になって利用しない人が多いです。しかしアルバイトを始めたばかりでも審査が通る可能性があるので確認していきましょう。

キャッシングの審査の終盤で在籍確認が行われます。アルバイトの場合は勤務先に電話をかける方法になりますが、在籍確認がしっかり取れれば貸付をしても大丈夫と判断される事もあります。またアルバイトは収入が少ないので返済する時の負担がかかりやすいです。それで無利息サービスを提供している業者の方が審査が通る可能性が高くなります。このようなポイントを押さえておくとアルバイトを始めたばかりでも審査が通ります。

キャッシングの返済は「無料返済期間」を利用すべし!

キャッシング初心者の方が口をそろえて言うのが「利息・金利が高いから」というセリフです。

たしかに、キャッシングには金利が発生します。

それは銀行でローンを組む時も一緒ですよね。

しかし、キャッシングには「無料返済期間」を設けているところがあるのはご存知でしょうか?

例えばアコムです。

アコムは初めて利用する人であれば、30日間の無利息期間が適用されます。

さらにレイクも例に出すと、レイクの場合は30日間の無利息期間とは別に、5万以下の借入であれば180日間の無利息期間が適用されるんです。

これってすごいことですよね。

クレジットの現金化をするよりも各段オトクです。

初めてだからこそ、借入をしてみるチャンスなんです。

さらに、キャッシング会社のほとんどが審査に通れば即日利用が可能で、振り込み手数料0円で口座に振り込みしてくれるので、家に居ながらキャッシングが出来てしまうんです。

また返済もネットやコンビニATMで可能ですので、店舗に行かずとも返済が可能なんです。

来月までの辛抱…と給料日までひもじい思いをした経験がある人も多いかと思います。

でも一生懸命毎日過ごしているからこそ、ご褒美って大事ですよね。

そんなときはぜひキャッシングに頼ってみてください。